TAKAHIRO&登坂広臣に挟まれ斎藤工「いいでしょ?いい匂いです」

『HiGH&LOW THE REN RAIN』レッドカーペットセレモニー

EXILEのTAKAHIROと三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂広臣、俳優の斎藤工が21日、都内で行われた映画『HiGH&LOW THE REN RAIN』のレッドカーペットセレモニーと舞台挨拶を行った。



映画は、EXILE TRIBEの総合エンタテイメント・プロジェクト「HiGH&LOW」の1つの集大成として今夏公開された映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の続編。
本作では雨宮兄弟が主役となり、TAKAHIRO演じる次男・雨宮雅貴と登坂演じる三男・雨宮広斗に加え、長男・尊龍役として斎藤工が初登場する。

レッドカーペット後の舞台挨拶でTAKAHIROと登坂に挟まれる形となった斎藤工は開口一番「いいでしょ?ここに居れて」と観客に語りかけ、「1つだけお伝えします。すごいいい匂いです」と報告。会場は悲鳴のような歓声に包まれた。

元々3兄弟と決まっていたという雨宮兄弟。企画・プロデュースを務めるHIROが長男のキャスティングについて、「この2人の長男なので、相当カッコ良くて、相当存在感のある方がいいんじゃないかっていうことで、斎藤さんにお願いしました」と話すと、当の斎藤はマイクで目元を隠して照れた様子。コメントを求められると、「いまの話の流れのプレッシャーに押しつぶされそうです」と恐縮。「僕もいち視聴者として『長男がいるのか、長男誰なんだ』ってずっと思っていて、でも私の名前を出してくださった方たちに恩返しをしたいと、お話しを聞いた時にすぐ切り替わりました」とオファーを受けた時の心境を明かした。



斎藤のキャスティングについて、TAKAHIROが「最初聞いた時はミーハー心がくすぐられた。テレビで見てるあの斎藤工さんが俺らの長男かと。」と話すと、斎藤は「こちらのセリフですよ」と謙遜。TAKAHIROは「何の違和感もなく入ってきてくださって、3兄弟が揃った時は自分たちも感動した」と斎藤への感謝を口にした。

以前から斎藤と親交があったという登坂は「メールで『いつか作品でご一緒できたらいいですね』とお話ししていたこともあったので、まさかこんなに早い形で、しかも長男で決まったのは僕自身もすごく驚きました。知らせを聞いてすぐ『宜しくお願いします』とメールさせていただきました」と話す。
TAKAHIROが「その直後に登坂が『雨宮兄弟』っていうLINEグループを作ってくれた」と明かすと、会場から驚きの声があがり、TAKAHIROは「いいでしょ〜?」とニヤリ。
TAKAHIROは登坂とともにひと足先にフィリピンロケを行っていたため、「工さんが参加してくださるまでに少しでもコミュニケーションをとりたかった」といい、「ほぼ毎日のように海外から撮影現場の状況をお伝えしたりとか写真を送ったりしました。工さんからは『まだ日本にいますけど僕は弟たちのことを思いながら頑張ってます』っていう熱い言葉をくださった」と本当の兄弟のようなエピソードを披露。
斎藤は「戦時中の(夫を)満州に送り出した妻みたいな気持ちでした」と冗談めかしながら振り返っていた。

なお本作は29日に台湾にてインターナショナルプレミアを行うことが決定。TAKAHIROと登坂の台湾行きも決定しており、TAKAHIROは「みんなで作り上げたものが国境を越えてたくさんの方々に期待していただけているのは本当にありがたいこと」と台湾での上映を喜び、登坂は「海外のまだ僕たちのことを知らない方たちにも楽しんでいただけるものになっていると思う」と作品に自信をのぞかせた。

映画『HiGH&LOW THE REN RAIN』は10月8日(土)全国公開。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top