野村周平×黒島結菜「サクラダリセット」実写映画化で初共演 平祐奈・健太郎・玉城ティナら出演

河野裕の人気ライトノベル「サクラダリセット」シリーズが主演・野村周平、ヒロイン・黒島結菜で実写映画化されることが決定した。前後篇2部作での公開となる。



物語の舞台は、住人の半数が特別な能力を持つ街、咲良田(サクラダ)。主人公の浅井ケイは、過去に体験したことを決して忘れない「記憶保持」能力を持つ高校生。ケイといつも行動を共にするのは、世界を最大3日分巻き戻す「リセット」能力を持つ春埼美空。彼女自身の記憶も「リセット」されてしまい、巻き戻った時間を覚えていないが、ケイだけは「記憶を保持」しているため、2人が一緒にいることで世界を最大3日やり直すことができる。
2人はそれぞれの能力と周囲の人々が持つ能力を駆使して、2年前に「リセット」の影響を受けて死んでしまった同級生・相麻菫を生き返らせようと動き出す。

映画『サクラダリセット』キャスト

映画『サクラダリセット』キャスト (C)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

主人公で、過去に体験したすべてのことの「記憶を保持」する能力を持つ冷静沈着な高校生・浅井ケイを演じるのは野村周平。数々の映画やドラマに出演してきた野村が、映画主演5作目にして2部作巨編に挑む。
世界を最大3日分巻き戻す能力を持つヒロインの女子高生・春埼美空役には黒島結菜が決定。2人は初共演にして「リセット」という能力を絆に絶対的な信頼で結ばれている関係を演じる。
そのほか、本作のストーリー展開のキーパーソンとなる相麻菫役に平祐奈、劇中でギターと歌にも挑戦する中野智樹役に健太郎、強力な能力を披露する村瀬陽香役に玉城ティナ、今回、自身初の金髪で役に挑む岡絵里役の恒松祐里らフレッシュな面々が顔を揃えた。

メガホンを握るのは『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督。『僕だけがいない街』『青空エール』の春名慶プロデューサーとタッグを組む。
春名プロデューサーはキャスティングについて「苦悶の表情をスマートに見せる野村周平くん。彼本来のキャラクターとのギャップも面白いと考えました。原作を読んで最初にヒロイン像として浮かんだ黒島結菜さん。『青空エール』で出逢ったとき既に圧倒的な貫禄があった平祐奈さん。この三角形のバランスを思い描けたとき、この企画がかたちになりました。そして、将来が嘱望される俳優たちと深川監督がどんなイノベーションを起こすのか。僕自身が楽しみにしています」と期待を寄せる。

さらに「サクラダリセット」は、TVアニメ化企画や、原作に大幅な修正を加えた新装版の刊行も決定。多面展開のメディアミックスプロジェクトとなっている。

映画『サクラダリセット』は2017年春【前篇】【後篇】2部作にて全国公開。

浅井ケイ役:野村周平 コメント

(過去に体験したすべてのことの「記憶を保持」する能力を持つ高校生。冷静沈着)
僕が演じる浅井ケイというキャラクターは、頭がきれてクールな少年です。彼は、「記憶保持」という
辛いことも幸せなこともすべて覚えている、能力を持っています。役を通して、彼が春埼と一緒に明るい未来を
過ごしていけたらなと思います。
今回は2部作の主役ということもありセリフも多く、特別な能力の持ち主という今までに演じたことがない
役柄なので、挑戦的な部分もあるし、頑張りたいです。撮影が始まったばかりなので、どうなるのか全くわからず、お客さんの反応が想像できない作品ですが、そこがまた楽しみです。
約2ヶ月間の撮影ですが、みんなで楽しく頑張って、最後にみんなで笑いたいです。
参加するからには悔いが残らないように、素晴らしい作品にしたいと思います。

春埼美空役:黒島結菜 コメント

(「リセット」世界を最大3日分巻き戻す〝能力〟を持つ女子高生)
最近元気で明るい役が多かったのですが、今回はおとなしくて控えめな女の子を演じます。
感情の起伏があまりないので、細かい部分での揺れみたいなものを大事にしたいと思っています。
大きい変化がないので、セリフ以外でもしぐさとか表情など小さい変化でも伝えられるように頑張りたいです。
ケイの隣に寄り添うように、安心してもらえる存在でいられたらいいなと思います。
前篇から後篇に向けて春埼も成長していくので、楽しみにしていてください。

相麻 菫役:平 祐奈 コメント

(2年前に「リセット」された世界で死んでしまったケイと春埼の同級生)
今回、初めて前髪を作り、新たな自分になってから撮影が始まるので、とてもわくわくしています。
それぞれのキャラクターが濃く、脚本にどんどん惹きこまれました。相麻菫という役に対して不安もありますが、深川監督やキャストの皆さんと良い作品を作り上げられたらいいなと思います。これからの撮影も楽しみたいです。前篇を観て、“後篇も観たい!”と思ってもらえるよう、パワフルに演じたいと思います。

中野智樹役:健太郎 コメント

(離れたところに時空を超えて「声」を届ける能力を持つ。音楽が好き)
その場にいない人に、時空をも超えて声を届けることができる、ラジオDJのような素晴らしい能力をもつ役を演じることができ、すごくわくわくしています。今回はギターと歌にも挑戦するのでヤバいぞと思いつつも最大限の力で取り組みたいです。智樹は、他の能力者と比べて元気で明るく、ケイにとって唯一心が許せる友達だと思うので、ケイとの距離感を意識して演じたいと思います。前篇・後篇にわたって、どう役を作っていくのかを考えている時間が楽しいです。

村瀬陽香役:玉城ティナ コメント

(自分でコールした「モノを消す」〝能力〟を持つ。奉仕クラブの幽霊部員)
脚本を読んで、実際に能力をもった人たちがいる街があったら面白いなと思いました。私が演じる村瀬陽香は、内にエネルギーを秘めていて、誠実だけど感情の出し方が分からず、強がってしまう部分があるので、そこは自分と似ているなと思いました。監督からお話し頂いたように、感情の起伏が激しく見えるように心がけて演じたいと思います。前篇・後篇という壮大な作品の中で、村瀬も大事な役なので、張り切っていきたいです。

岡 絵里役:恒松祐里コメント

(「記憶を操作」する能力を持つ。赤い目をしていて、管理局の協力者)
能力を持つ、インパクトのある役をやると聞いて、自分の殻を破れそうで楽しみだなと思いました。衣装と髪の毛、カラーコンタクトが、役になるのを助けてくれています。岡 絵里は、昔の自分から変わろうと、常に悪役になろうとするけれど、逆方向に空回ってしまうので、その感じをどう気持ちを込めて演じようかと思っています。
動の部分が多い役なので、物語をどんどんかき乱していけるようなお芝居ができるようにがんばります。

深川栄洋監督 コメント

初めて原作を読んだとき、集中力が高まる感覚がありました。時間が巻き戻り、別の能力者が現れる。
いま、自分の手持ちの材料だけでは最後まで追いかけられそうになく、新しい価値観を作りながら進んでいかなければならないと感じました。これから先、何が待っているのだろう? 読み進めていくと、何か「鍵」が手に入るような気がしました。
例えるならば、美術館で、壁にかかっている一枚の絵を見ている。絵には額縁があるが、実はその壁さえも絵の一部だったーー。前篇はそんなふうに終わります。そうして、いよいよ後篇が始まります。僕たちの中にあるフレームや境界線が壊れるとき、映画的な瞬間が訪れることを祈りながら。新しい体験ができる新しい映画を作りたいと思います。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top