稲葉友、ドラマ「レンタル救世主」で女装男子役に挑戦 共演者から「かわいい!」と絶賛の声

「レンタル救世主」で女装男子・薫を演じる稲葉友

俳優の稲葉友が、日本テレビの10月期日曜ドラマ「レンタル救世主」にレギュラー出演することが決定。“女装男子”という難役に挑むことが明らかとなった。



ドラマは、沢村一樹演じるお人好しの主人公・明辺悠五が、莫大な借金を抱えていることから、電話1本でどんな無理難題もこなし人助けする「レンタル救世主」をやらされるという痛快ストーリー。

稲葉が演じるのは、零子(志田未来)が通うコインランドリーで、なぜかいつも遭遇する女装男子の薫。年齢、正体ともに謎の存在でありながら、時として零子の背中を押すことになるキーパーソン。
稲葉は役作りのために一部の体毛を剃り、目指すキャラクター像に近い人の話し方や仕草を研究、考えるイメージ像と日々奮闘中。慣れないスカート、ロングヘア、キャラクターの複雑な心理と格闘しながらも、共演者やスタッフからは、「かわいい!いい女!」など、役の仕上がりの評判は上々のようだ。

ドラマ「HiGH&LOW Season2」では自身初のオカマ役を演じ、存在感を放った稲葉だが、今回は女装男子という難役、かつ核心に迫るセリフで、物語にまた新しいスパイスをもたらす。

稲葉友 コメント

「助けて」という言葉は確かに中々言いたくても言えないものだなと台本を読んでハッとしました。
様々なギミックはありますが、志田未来さん演じる零子に寄り添って謎多き薫という役を演じていけたらと撮影に臨んでおります。
女性の服と髪とメイクをしていただくと、自然と女性の仕草が身体から立ち上がる感覚は演じていてとても新鮮で、そんなところも視聴者の皆様にも楽しんでいただけたら幸いです。
今の時代の流行や日常が所々に感じられるところも見所かと。
日曜の夜に個性も彩りも豊かな登場人物たちが皆様の背中をそっと後押しする作品になると思いますので、是非ともご覧ください。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top