蒼井優、東京国際映画祭に賭ける監督の想い通じ「ほっとしてます」

松居大悟監督、蒼井優、青木崇高、細田守監督(左から)

女優の蒼井優が26日、都内で行われた第29回東京国際映画祭のラインナップ発表記者会見に出席した。



主演映画『アズミ・ハルコは行方不明』(松居大悟監督)が同映画祭コンペティション部門に選出されたことについて、蒼井は「松井監督がずっとドキドキしながらコンペに選ばれるかどうか待っていたのを近くで見ていたので、ほっとしています」とコメント。

蒼井優

蒼井優

「3年前に日本映画スプラッシュ部門で参加させていただいて、また来たいなっていうのが作品づくりのモチベーションになっていた」という松井監督。「(コンペティション部門出品が)決まった時は居酒屋にいて、外に出て路地裏で電話を受けたんですけど、嬉しくて泣いてしまった。でもまだ言っちゃいけないから、席に戻って『なんで泣いてんだ』みたいなことを言われて、『いや、いいんだよ馬鹿野郎』みたいな、そういう素敵な時間がありました」と大願成就の瞬間を打ち明けた。

実は他の映画祭からも声がかかっていたが、松井監督には「東京国際映画祭をワールドプレミアにしたい」という強いこだわりがあったという。
蒼井は「コンペに選ばれるかどうかの前にもう1つのほうを返事しなくてはいけなかったんですけど、松井監督が『東京国際映画祭に賭ける』と言ってもう1つのほうを丁重にお断りしたと聞いていたので、これで選ばれなかったらどうなっちゃうんだろうと。監督の想いが通じて本当にほっとしてます」と安堵の表情を浮かべていた。

今年で29回目を迎える同映画祭は10月25日から11月3日まで10日間にわたり東京・六本木を中心に開催され、提携企画を含め203作品を上映する。
この日の会見にはコンペティション部門から蒼井優と松居大悟監督(『アズミ・ハルコは行方不明』)のほか、俳優の青木崇高(『雪女』)、アニメーション特集『映画監督 細田守の世界』から細田守監督が出席。
上映作品のほか、フェスティバル・ミューズに女優の黒木華が決定したことも発表された。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top