綾瀬はるか主演「本能寺ホテル」公開日決定&特報映像で堤真一の甲冑姿も解禁

映画『プリンセス トヨトミ』(2011)のキャストと製作チームが再集結し、京都を舞台に完全オリジナルストーリーで製作された『本能寺ホテル』の公開日が2017年1月14日に決定した。



「本能寺ホテル」チラシビジュアル ©2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

「本能寺ホテル」チラシビジュアル ©2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

映画は奇想天外かつ、ファンタジックな雰囲気と「本能寺の変」を舞台に400年の時代を超えて築かれる人間関係を描く。
1582年、天下統一を目前に控え本能寺に滞在していた織田信長と家臣の前に、突如「400年後の未来から来た」という風変わりな女・繭子が迷い込む。それは「本能寺の変」が起きる前日だった・・・。

偶然、宿泊した本能寺ホテルで不思議な体験をする主人公の繭子を綾瀬はるか、冷酷非道ながらも人情味のある織田信長役を堤真一、織田信長に仕える小姓・森蘭丸役に濱田岳、そのほか平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫といった実力派俳優が顔を揃える。

公開日の決定にあわせ、30秒の特報映像とチラシビジュアルが解禁された。
映像では炎に包まれる本能寺や迫力ある合戦シーンなどが盛り込まれ、壮大なスケールを感じさせる。エレベーター…金平糖…胃腸薬…ぶりぶりぎっちょう…。謎のアイテムやキーワードが飛び出し、どのようなストーリーになっているのか、先の読めない展開にも注目したい。
本能寺ホテルの前に佇む繭子と、燃え盛る本能寺を眺める織田信長の後姿を切り取った、2つの時代を象徴するビジュアルのチラシは、10月8日より全国の劇場にて順次掲出予定。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top