篠崎愛、可憐な女性像を表現した新曲が「タイムボカン24」ED曲に決定 

『タイムボカン24』のエンディングテーマに抜擢された篠崎愛

篠崎愛が10月1日(土)に放送開始となる読売テレビ系・日本テレビ系アニメ『タイムボカン24』のエンディングテーマを歌うことがわかった。28日に行われた同アニメの記者会見にて発表された。



『タイムボカン』は1975年から1976年にかけて制作し、放送されたテレビアニメ。『タイムボカン24』は、現代の東京に住む中学1年生のトキオが、24世紀に拠点を置く時空管理局隊員となって真歴史を探すというストーリー。

エンディングテーマに決定した「TRUE LOVE」は、何曲か候補曲をレコーディングし、提出した中で、アニメ制作陣に満場一致で選ばれた。
タイアップが決定した時には、過去の『タイムボカン』シリーズに馴染があった篠崎愛の両親も一緒に喜んだという。
ゲストとして会見に出席した篠崎は「軽快で可愛く、沢山の人に楽しんでもらえる作品」と楽曲への期待感と自信を語った。

2016年の夏にリリースされたメジャーデビューシングル「口の悪い女」では“今までのイメージとは違う篠崎愛”をコンセプトに、“強い女”像を打ち出した篠崎愛。
最新作「TRUE LOVE」では、“可憐さや、いじらしい恋心を持つ女性像”を表現していくという。
同楽曲は2ndシングルとして12月7日に発売される。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top