中川大志&平祐奈のW主演で「ReLIFE」実写映画化

W主演となる中川大志と平祐奈

マンガアプリ「comico」で連載中の人気コミック「ReLIFE」の実写映画化が決定。中川大志と平祐奈がW主演することがわかった。



トラウマをかかえた27歳のニート・海崎新太が、リライフ研究所の夜明了と出会い、研究所の社会復帰の実験プログラム「リライフ」の被験者として1年限定で見た目だけ若返り、学園生活を送るという物語。

半ば自暴自棄で飛び込んだ学園生活だったが、個性豊かな仲間と関わりを持つうち、今を生きることに前向きになっていく海崎は、やがて極度のコミュニケーション音痴の女子高生・日代千鶴に恋をする。しかし、1年間限定のリライフ期間が終わると、周囲の人間の海崎についての記憶は一切消えてしまうという。本気で恋をしても未来は無い。しかも、相手は10歳も年下。切ないラブストーリーの結末は?

主人公の海崎新太を演じる中川大志は18歳にして、17歳と27歳を1人で演じる。
出演が決まったこそ驚いたものの、「18歳の自分にとって、27歳を演じるという事が大きなチャレンジなので、とても楽しみです。ビジュアルの面は、スタッフの皆さんと共に、27歳と17歳のギャップをリアルに作れたらと思っています」と今は期待に胸を膨らませる。
「自分の周りにいる20代後半の方々と沢山コミュニケーションを取って、10年前の高校時代というのはどういう感覚なのかを少しでも掴みたいと思っています」と11月上旬のクランクインに向けて役づくりに励む。

そして海崎がリライフ中に出会い恋をする不器用過ぎる女子高生・日代千鶴には平祐奈が決定。
日代千鶴を演じるにあたり、前髪を日代千鶴に似せて切ったという平。「私の中でもまた新たな挑戦がたくさんあるなぁ。と感じています。日代千鶴はとても不思議な女の子なので現場でどういう風に動こう、など今からとても楽しみです」と意気込みを語っている。

映画『ReLIFE』は、2017年4月15日(土)全国公開。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top