赤西仁&山田孝之”JINTAKA”は1曲限り!? デビューシングル初お披露目の場で解散宣言

JINTAKA「Choo Choo SHITAIN」リリースイベントの様子

俳優の赤西仁と山田孝之によるユニット・JINTAKAが3日、豊洲PITでデビュー・シングル「Choo Choo SHITAIN」(9月21日発売)のリリースイベントを行い、ユニットの解散を発表した。



JINTAKA結成のきっかけは今年の4月1日、エイプリルフールに赤西が自身のInstagramにて、スタジオで2人がマイクに向かって歌う構図の写真に“本日発売 デビューシングル「Choo Choo SHITAIN」”というキャプションを添えて投稿したことだった。このInstagramが反響を呼び、ユニットが現実のものとなった。
結成発表以来、インターネット上でも大きな注目を集めたJINTAKAは、作詞・作曲を共作、さらにセルフ・プロデュースでデビュー曲を完成させ、アート感覚と遊び心とが詰まったMVも発表し、まさに話題沸騰中。

そんななか行われた今回のリリース記念スペシャルイベントは、JINTAKAによる「Choo Choo SHITAIN」の生パフォーマンスからスタート。最初はDJブースでパフォーマンスしていたが、曲の後半ではステージ前方に出てきて観客をあおり、コール&レスポンスとなる場面もあった。最後は2人の顔が急接近してフィニッシュ。
続いては「今からちょっとしゃべりTAIN」とのことでトーク・コーナーに突入。「意外にもこういうステージで歌ったのは初めてなんだよね」と話す赤西に、「そうですよ」と山田。赤西は「俳優だからとかシンガーだからとかではなくて、歌いたければ歌えばいいし、演じたければ演じればいいし、エンターテインメントの世界でやっているんだから、エンターテイナーであるべきだってことで一致したよね」と2人のスタンスを明かす。


その後の質疑応答では、「2人の映画での共演も観てみたいという声があがってますが?」という質問に対して、山田が「もちろん考えてます」と即答し、会場を沸かせた。
しかし、先々の展開への期待がふくらんだところで「JINTAKAの今後の予定は?」と聞かれると、赤西が「えーと、解散します」と突然の発表。会場に悲鳴のような声が巻き起こる中、赤西は「2枚目のシングルどうするって時に、意見の違いもあって、方向性の違いで解散しTAINと思いました」と解散理由を説明。山田は泣きの芝居を織り交ぜながら「僕は続けたくて、『次のシングルはバラードがいい』って言ったんですが、仁が『ロックがいい』って言って、意見の違いが出るってことは合ってなかったってことだから、解散するしかないのかなって」と、やや強引な論理で解散に至ったことを明かした。

赤西は「解散って重い言葉で捉えがちですが、前向きな解散ってことで」とファンにメッセージ。「JINTAKAは解散だけどね……」という山田に、赤西も「俺らは先を見ているし」と応じ、今後の展開へ含みをもたせた。

JINTAKAは、今週末10月8日に代々木競技場第一体育館で開催される「GirlsAward 2016 AUTUMN / WINTER by マイナビ」に出演が決定しているため、ひとまずこれがJINTAKAのラストステージとなる見込みだ。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top