清水富美加・飯豊まりえら登場する女子高生が全員悪女の「暗黒女子」特報&ビジュアル解禁

「暗黒女子」©2017「暗黒女子」製作委員会

登場する女子高校生たちが全員悪女、ダマしダマされる、究極の裏切りエンターテイメント『暗黒女子』の公開が、2017年4月1日(土)の“嘘をついてもいい日”に決定した。



映画は、読んでイヤな気持ちになる最悪の結末だが、後味が悪ければ悪いほど“クセ”になってしまう魅惑のミステリー=<イヤミス>の傑作、秋吉理香子の小説「暗黒女子」が原作。

「暗黒女子」ティザービジュアル ©2017「暗黒女子」製作委員会

「暗黒女子」ティザービジュアル ©2017「暗黒女子」製作委員会

セレブな名門女子高を舞台に、カリスマ女子高生・白石いつみの謎の死を巡り、彼女をとりまく文学サークルの仲間たちの壮絶なダマし合いが始まる。
どうしていつみは死ななければならなかったのか?この中の誰かが彼女を殺したのか?物語が進むにつれて、事件の真相だけでなく、登場人物全員の“黒い秘密”も暴かれていく。5つの物語の果て、驚愕のラストへ。

若手演技派女優の清水富美加と、ティーンに絶大な人気を誇る飯豊まりえがW主演。さらに清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈と大注目の最旬若手女優の華麗なる競演も実現。それぞれがキラキラと輝く魅惑的な悪女を演じる。

公開日の決定にあわせ、ゴージャスなお茶会の中で偽りの笑顔を装いながら、「わたし以外、幸せになるのは、許さない」と内に秘める、美しすぎる女子高生たちのティザービジュアルと驚愕の特報が解禁となっている。


登場する6人の悪女たち

澄川小百合(清水富美加):いつみの大親友。彼女に自分の理想を重ね、全てを捧げてきた。いつみ亡き後、文学サークルの会長を継ぐ。
白石いつみ(飯豊まりえ):全てが“完璧”に見えていたが、死後にいくつもの秘密を抱えていたことが明かされていく。
高岡志夜(清野菜名):新人賞を受賞し、英語翻訳のためいつみの家に出入りしているプロの作家。
ディアナ・デチェヴァ(玉城ティナ):ホームステイに来たいつみと親しくなったブルガリアからの留学生。
小南あかね(小島梨里杏):老舗料亭の親に反発し、文学サロンでスイーツづくりに励む。
二谷美礼(平祐奈):いつみの妹の家庭教師のバイトをする特待生で苦学生。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top