乃木坂46&欅坂46、“坂道シリーズ”総勢13人がランウェイを彩る <GirlsAward 2016 A/W>

GirlsAwardに登場した乃木坂46と欅坂46

乃木坂46欅坂46が8日、東京・渋谷の国立代々木競技場第一体育館で開催されたファッション&音楽イベント「GirlsAward 2016 AUTUMN / WINTER by マイナビ」に登場。ライブとファッションショーで会場を魅了した。



両グループあわせてのトップバッターは1st SHOWの「one way」ステージに登場した欅坂46の土生瑞穂。前回の「GirlsAward 2016 SPRING / SUMMER」でもランウェイを歩いている土生は、大人っぽいモノトーンのチェックのセットアップをまとって、堂々のウォーキングを披露。ランウェイ先端では茶目っ気のあるポージングで決めてみせた。

「Ank Rouge」のステージでは、齋藤飛鳥、北野日奈子、堀未央奈、渡邉理佐、平手友梨奈らによって、齋藤飛鳥が監修したという「Ank Rouge meets 齋藤飛鳥 presented by SIZEBOOK」がお披露目された。
洋服のプロデュースは初めてという齋藤は「もともと洋服が好きだし、『Ank Rouge』さんも中学生の頃毎日着ていたので、関われるのが嬉しかったです」と笑顔。
「このお洋服を着て会いに来てくれたら嬉しい」とアピールし、会場の男性ファンから歓声があがると、「男の人はやめてください」と、にこやかに釘を刺して笑いを誘った。

女性ファッション誌「Ray」の専属モデルとしても活躍する白石麻衣は、「dazzlin」のステージのトップバッターに登場し、2nd SHOWの幕開けを華やかに飾った。同ブランドステージでは、生田絵梨花、伊藤万理華、欅坂46の小林由依と続いた。
「SAC’S BAR」のステージではCanCam専属モデルを務める橋本奈々未と松村沙友理が揃って登場。「dazzlin」のバッグを手に、2ショットでランウェイを歩いた。

GirlsAwardは「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」というスローガンの下、年2回開催される日本最大級のファッション&音楽イベント。第14回目の開催となる「GirlsAward 2016 AUTUMN / WINTER by マイナビ」では、ダレノガレ明美、菜々緒、中村アン、マギー、藤田ニコルといった人気モデルたちによるファッションショーと、GirlsAward最多出演アーティストの乃木坂46や、赤西仁と山田孝之が結成したユニット・JINTAKAら豪華アーティストによるライブパフォーマンスが繰り広げられた。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
34

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top