「バイオハザード」最終作、日本でワールドプレミア ミラ・ジョヴォヴィッチ&ローラが登壇

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』のワールドプレミアが日本で開催されることが決定。主演の米女優ミラ・ジョヴォヴィッチの来日も決定した。



ムビチケカード第2弾特典のポストカード6枚セット

ムビチケカード第2弾特典のポストカード6枚セット

日本発の人気ゲームから生まれ、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド(=ゾンビ)化した元凶である宿敵アンブレラ社との戦いを描き、世界中で大ヒットを記録した実写映画『バイオハザード』。2002年に初めてスクリーンに登場して以来、1作ごとにスケールとパワー、そしてゲームユーザーに止まらないファンを増殖させ、独自の世界感を築き世界を熱狂の渦に巻き込んできた。

シリーズ第6弾にして最終作となる『バイオハザード:ザ・ファイナル』は、12月23日(金・祝)に日本で世界最速公開となることが決まっていたが、このほど本作のワールドプレミアが、12月13日(火)に、“バイオ生誕の地”であるここ日本で開催されることが決定した。
ワールドプレミアにあわせ、シリーズを通して主人公・アリスを演じてきたミラ・ジョヴォヴィッチも、通算11回目の来日を果たす。
また、ワールドプレミアには、本作でアリスとともにアンデッドと戦う女戦士コバルト役でハリウッドデビューを飾るローラの登壇も予定されている。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top