福士蒼汰×小松菜奈「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」主題歌はback number 特報&予告公開

©2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

主演・福士蒼汰、ヒロイン・小松菜奈で実写化される映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌が、3ピースバンド・back numberの新曲「ハッピーエンド」に決定した。



映画は100万部を突破した七月隆文による同名小説の映画化で、京都を舞台にした20歳の男女のラブストーリー。
初共演となる福士蒼汰と小松菜奈がせつない運命を背負ったカップルを演じ、『青空エール』『アオハライド』など多くの恋愛青春映画をヒットに導いた三木孝浩監督がメガホンをとる。

「ハッピーエンド」は、本作の主題歌として書き下ろされた、back numberの半年ぶりの新曲。
楽曲について、back numberは「別れの場面で、ほんとは悲しいのに強がって笑顔で笑って終わらせようとするそんな女の子の悲しい別れの歌」と説明。原作を読んで感じたものに素直に言葉やメロディーをおいていくことで曲ができたといい、作っていて「すごく楽しかったですね」と制作を振り返る。

三木監督とback numberは、アルバム「シャンデリア」収録曲の「僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい」にインスパイアされたショートムービー「それでもなおできることの全てを君に」以来の顔合わせ。三木監督は「清水くんとは、自分が作りたいものやクリエイティブで大切にしているポイントが合うなと感じていて、今回主題歌を担当して頂きたいとオファーしました」とバンドを主題歌に起用した経緯を語る。
また、主演の福士蒼汰は主題歌について、「物語と歌詞もリンクしていて、とても心に残りました。しっとりとしたバラードですが、前向きにもなれて、この作品にぴったりだと思います。」とコメントしている。

主題歌発表にあわせ、楽曲が使用された特報および予告映像も公開された。
なお主題歌「ハッピーエンド」は、back numberがレギュラーを務めるニッポン放送「back numberのオールナイトニッポン」(火曜・25時)の10月18日(火)深夜の放送で初フルオンエア。11月16日にシングルリリース。

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、12月17日(土)全国公開。



福士蒼汰コメント

作品を初めて観た時に主題歌も初めて聞いたのですが、エンドロールに入っていく瞬間、「なんだか、すごく良い曲が流れてきたぞ…」と、一観客として自然に思っていました(笑)
物語と歌詞もリンクしていて、とても心に残りました。しっとりとしたバラードですが、前向きにもなれて、この作品にぴったりだと思います。

back number 16thシングル「ハッピーエンド」

発売日:2016年11月16日(水)
CD収録曲
1.ハッピーエンド
2君の恋人になったら.
3.魔女と僕
4.ハッピーエンド(instrumental)
5.君の恋人になったら (instrumental)
6.魔女と僕 (instrumental)

●初回限定盤(CD+DVD)
DVD収録内容:
「ハッピーエンド」music video
「ハッピーエンド」making of studio recording & music video & photo session
「ツアー2016″ミラーボールとシャンデリア”」幕張メッセ公演ダイジェスト映像
商品番号:UMCK-9878
価格:¥1,500(tax out)

●通常盤(CDのみ)
商品番号:UMCK-5616
価格:¥1,000(tax out)

初回限定盤、通常盤とも初回プレス分:2017年全国アリーナツアーの先行応募シリアルナンバー封入



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top