小松菜奈&菅田将暉のラブラブシーン満載 「溺れるナイフ」本編映像を使用した主題歌MVが解禁

(C)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

ジョージ朝倉の人気少女マンガを実写映画化する『溺れるナイフ』の主題歌「コミック・ジェネレイション」のミュージックビデオ(ショートバージョン)が解禁された。



主題歌を担当したのは本作で映画初出演を果たした志磨遼平のソロプロジェクト・ドレスコーズ。
主題歌「コミック・ジェネレイション」は、志磨が率いた伝説のバンド・毛皮のマリーズの名曲を、本作のために再録したニューバージョン。当初は、毛皮のマリーズのバージョンを予定していたが、「昔のぼくはあまりに傲慢で、自分以外の誰のためにも歌ってはいない。今作に寄り添うことが出来ているかはなはだ不安です、と正直に伝え、監督との相談の末にこの度の再演奏・再録音を行いました」と、志磨自らの要望で再録に至った。

今回解禁となった同楽曲のMVには、『溺れるナイフ』の映像を使用。都会からきたティーン誌のモデル・夏芽(小松菜奈)と地元の神主一族の跡取り・コウ(菅田将暉)が、出会った瞬間に惹かれあう場面から、幸せそうな2人のシーンの数々が切り取られる。
「これは『溺れるナイフ』という夢、その中で暮らす夏芽とコウちゃんのためだけに演奏した“コミック・ジェネレイション”です」と志摩があらためて自分以外のために歌った同楽曲は、映画とリンクしながら希望の光を導き出す。

楽曲を聞いた小松は「『愛も平和も欲しくないよ。だって君にしか興味ないもん!』この歌詞はナツメとコウの関係に凄くぴったりであの燃え尽きた夏(撮影)を思い出し、色んな感情が湧いて心にグッときました。映画を観てこの曲を聴いた後も皆さんの心に残る曲と歌詞になると思います。」とコメントを寄せた。

「コミック・ジェネレイション」は、映画「GANTZ:O」主題歌となった「人間ビデオ」とW主題歌シングルとして10月12日(水)より発売中。

映画は、10代の少年少女特有の、まだ何者でもなく、何者にでもなれると感じる全能感の謳歌、挫折と再生、剥き出しのナイフのような激しい心と心のぶつかり合いを描く壮大なラブストーリー。
W主演となる小松、菅田のほか、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音ら旬な若手キャストを迎え、若手女性監督・山戸結希がメガホンをとる。11月5日(土)全国公開。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top