失神寸前激走の土屋太鳳、スタジオで見守った織田裕二に感謝「安心して走れた」

「日曜劇場 IQ246〜華麗なる事件簿〜」第1話試写会

女優の土屋太鳳、俳優の織田裕二、ディーン・フジオカが14日、都内で行われたTBS系連続ドラマ「日曜劇場 IQ246〜華麗なる事件簿〜」(10月16日午後9:00スタート)の第1話試写会に出席した。



刑事役初挑戦の土屋は、一言挨拶の後すぐに自身の役名・設定・性格を言い切ると、織田に向かって「ちゃんと言えました!」と頬を赤らめて喜び爆発。そんな土屋の無邪気な姿に織田は「今日は緊張しているようです」とフォローを入れて、場内を笑わせた。

土屋といえば、今月8日に放送されたTBS系「オールスター感謝祭」内の「赤坂5丁目ミニマラソン」での激走&失神寸前ゴールが話題に。客席からの「よく頑張った!」との声援に「ありがとうございます」と照れつつも、マラソン当時を振り返り「小さい頃から織田さんには映像を通して勇気やパワーをいただいていました。だからこんな素敵なドラマはないと思い、皆さんにそれを伝えられればと思って」と説明。また「折り返し地点で織田さんと目が合って、それで安心して走れた気がします」と打ち明けると、織田は相好を崩して相槌を打っていた。

同ドラマは、代々ありとあらゆる学問のみを探求してきた法門寺家の末裔・沙羅駆(織田)が、“IQ246”という異能を武器に、世にはびこる難事件を鮮やかに解決するミステリー。突飛な役柄に織田は「最初は真面目に考えていたけれど、考えれば考えるほど胃が痛くなった。でも3話を撮っている今は“見えた”というのが自分の中で出てきた。回を重ねるうちにどんどん面白くなっていくと思う」と手応え十分。

土屋も「刑事役にはずっと憧れを持っていたので幸せですし、気合を入れて役柄の時間を噛みしめています。毎話登場するゲストの方も空気を変えて現場に入ってくれるような気がして、勉強になって楽しいです」と順調な撮影を報告した。

執事役のディーンは、ゲスト出演の観月ありさとの共演に「気さくな方で色々なお話をさせてもらった。キャリアの長い方なので新人の僕としては日本の脈々と流れる歴史を教わった感じがある」と実感を込め「役柄としては、ダイナミックなアクションが出来るように心がけているので、放送が楽しみです」と期待を寄せた。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top