菅田将暉、有村架純の優しい言葉にイチコロ?「ちょっと好きになった」

映画『何者』初日舞台挨拶

俳優の佐藤健有村架純二階堂ふみ、岡田将生、菅田将暉山田孝之が15日、都内の劇場で行われた映画『何者』初日舞台挨拶に登壇。菅田が有村の気遣いに思わず胸をときめかせたエピソードを明かした。



舞台挨拶では、キャスト陣と三浦大輔監督を交えて“指差し印象ゲーム”を実施。
「この中で一番モテそうなのは?」というお題で有村を指した菅田。現在、日本テレビ系にて放送中のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』に出演中とあって、「今朝、久々にお会いしたら『ドラマ大丈夫?大変?』って言われて、ちょっと好きになりました」と優しい言葉をかけられイチコロ。会場は笑いに包まれ、当の有村はただただ照れ笑いだった。

二階堂は佐藤を指し、「本当にカッコいい。いろんな話を持っていて、人間的に男性にも女性にもモテるだろうなと思って」と理由を挙げる。同じく佐藤を指した岡田は「(撮影中)一緒にいて楽しかった。一緒に遊んでくれるというか、どの人に対してもレベルを下げてくれるから、なんて優しい人なんだって、現場で惚れてました」と笑わせた。


「1日誰かになれるなら?」とのお題では、岡田と山田が有村を指し、「『私が有村です!』って言いたい」(岡田)、「男という男をたぶらかしたい」(山田)とそれぞれ回答。
二階堂は岡田を指名。「歯並びがすごいいいなと思って」と二階堂の口から意外な理由が明かされると、岡田は「歯か!」と困惑していた。

本作は、『桐島、部活やめるってよ』で等身大の高校生を描き切った朝井リョウの同名小説を原作とする、就職活動を通して自分が“何者”かを模索する5人の大学生の物語。
佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生が就活生を演じ、佐藤健演じる拓人のサークルOB、サワ先輩には山田孝之と、若手実力派俳優陣が集結し、一筋縄ではいかないリアルな青春物語を描く。

主演の佐藤健は「この作品は僕の中ではすごく芝居というものに真摯に向き合うことができた。あらためて自分の今までやった作品を思い返すと、その役の人生を生きてる実感はあるんですけど、芝居をしている実感がない役が多くて、今回は三浦監督のもと、この最高のメンバーと『芝居した!』っていう実感がすごく強くて、俳優としてはとても実のある時間でした」と感慨深げに語っていた。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top