小松菜奈&菅田将暉、W主演作完成に感慨 海でのハードな撮影を振り返る

映画『溺れるナイフ』完成披露舞台挨拶

女優の小松菜奈と俳優の菅田将暉が18日、都内で行われた映画『溺れるナイフ』の完成披露試写会で舞台挨拶を行った。



本作は、講談社「別冊フレンド」に連載され、洗練された世界観と、リアルな心理描写で熱狂的な支持を得たジョージ朝倉による同名少女漫画を、気鋭の若手女性監督・山戸結希が実写映画化。
都会からきたティーン誌のモデル・夏芽(小松菜奈)と、地元の神主一族の跡取り・コウ(菅田将暉)が出会い、惹かれあい、ぶつかり合う10代特有の躍動感に溢れたラブストーリー。

W主演を務めた2人は壇上で「みんなで燃え尽きたあの夏から、今日初めて(披露)なので、今すごく不思議な気持ちで、でもすごく嬉しいです」(小松)、「この場に立てることがこんなに嬉しいかと今思っています。みんなで撮りきって、今ここにいることに、本当に感謝です」(菅田)と感慨深げに挨拶した。

夏芽とコウが海に浮かぶ印象的なシーンについて聞かれた菅田は「下にダイバーさんが待機してますし、安全は保障されているものの、台風直前で荒れてたりもして……」と撮影を振り返りながらも、まだ公開前であることから「あと……あ、そっか、内容話せないもんな……」と言葉に詰まると、「えー…、どうでしたか?」と小松に丸投げ。小松が「制服なので重いんですよ。あと重りもつけてるので」と明かすと、「なんかね、この子沈まない体質らしくて。沈めないから重りをつけたんですよ。あれはあれで怖いよね」と難しい状況で演技した小松を労った。


舞台挨拶には、W主演となる小松、菅田のほか、ジャニーズWESTの重岡大毅、上白石萌音、ドレスコーズの志磨遼平、山戸結希監督も出席。

山戸監督は「今を生きる女の子の心に寄り添おうとした映画としては絶対に世界中のどの映画にも負けない映画だと思っています」と言葉に力を込め、「今の菅田さんと小松さんの圧倒的な輝きや、重岡さんの強さや、上白石さんの知性や、志摩さんの感性が焼き付いた映画になっていると思います」と完成した作品に自信をのぞかせる。
監督の言葉を受けて、菅田は「そこにある気持ちだったり人間関係っていうのはそんなに遠くないものなんじゃないかと感じましたし、どこか憧れのような時間でもありました。本当に必死に作りましたので、代表作だと思っています」と断言。
小松は慎重に言葉を選びながら、「夏芽にとっても私自身にとっても、この撮影期間はすごく特別なものでした。コウと夏芽が会った時の衝撃と同じかはわからないけど、観てもらった人がなにかを感じてもらえたらいいなと思います」と語った。

映画『溺れるナイフ』は、11月5日(土)全国公開。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top