戸田恵梨香のツッコミに池松壮亮・菅田将暉ら男性陣タジタジ

映画「デスノート Light up the NEW world」ジャパンプレミア

映画「デスノート Light up the NEW world」ジャパンプレミア

20日、映画『デスノート Light up the NEW world』のジャパンプレミアが都内で行われ、本作に出演した東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、戸田恵梨香、川栄李奈、船越英一郎、メガホンをとった佐藤信介監督が出席した。



本作は原作・大場つぐみ、作画・小畑健による人気コミックを実写化した映画『DEATH NOTE』(2006)の正当な続編。“キラ”こと夜神月と世界的名探偵“L”の対決から10年後の世界を舞台に、再びはじまったデスノートによる連続殺人と、6冊のデスノートをめぐる頭脳戦が繰り広げられる。

スモークとともにクレーンに吊られた巨大な死神リュークが場内を飛び回るド派手な演出でスタートしたジャパンプレミア。
まずは三つ巴の戦いを繰り広げる東出、池松、菅田の3人に、それぞれ演じたキャラクターの魅力を質問。デスノート対策本部の捜査官・三島創を演じた東出は「う〜ん…」と首を傾げながら「熱血漢の捜査員なのでデスノートに対する思いは本気」と回答。Lの遺伝子を継ぐ世界的名探偵・竜崎を演じた池松は「魅力ですか……え〜、なんでしょう…? Lからたくさんのものを受け継いでるけども、Lを超えようとしてるっていうキャラクターですかね」と話すと、すかさず隣の戸田から「え?魅力じゃなくない?説明じゃん」と冷静なツッコミが入る。
菅田は「怒られたね」と池松をなだめたが、いざ自分の順番が回ってくると、「前の2人が不甲斐ないんでね。で、(質問は)何でしたっけ?」とおとぼけ。「役の魅力か。あの〜、そうですね……」と口ごもり、「言っちゃうとね、面白くなくないなっていうのもあります」と弁明。「そこを言うのがジャパンプレミア」と自ら仕切り直し、「10年前のデスノートってタイムリーに見てた世代としては神話のような、すごく遠い話のように感じてたんですけど、今回は自分が演じてるっていうのもあるんですけど、すごくリアリティがあって怖くて……」と作品への熱い想いを語り出すも、池松が「全っ然、質問に答えてないし、誰ひとり、質問に答えてない」と失笑。菅田は苦笑いを浮かべながら「っていう3人ですよ」と開き直り、池松はあまりにグダグダなトークに「ちょっと入場からやり直しましょうか?」と提案する始末だった。


戸田恵梨香は、月の元恋人・弥海砂役で前作から続投。10年ぶりに同じ役を演じることについて「プレッシャーも大きかった」と告白し、「ミサミサ(弥海砂)自身がアイドルから女優になったので、10年前の作品が参考になるようで参考にならないというのがあって、どこを取り戻してどこを捨てるのかっていうのがすごく難しかったですね」と撮影を振り返った。
MCから「デスノートのミサミサといったら、大変気になる役ですよね」と振られた菅田は「そうですね。ミサミサにお会いできたので大興奮でした」と話すも、戸田から「そんなことなかったよね?」と笑われ、「いやいや、何をおっしゃいますか。結構心臓バクバクでしたよ僕は」と戸田のするどいツッコミに終始タジタジだった。

映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日(土)全国公開。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top