川栄李奈がデスノート使用? 実体験でも演技でも共演者と監督をビビらせる

『デスノート Light up the NEW world』ジャパンプレミア

女優の川栄李奈が20日、都内で行われた映画『デスノート Light up the NEW world』のジャパンプレミアに出席。「名前を書かれた人間を死ぬ」というデスノートを用いて群衆を恐怖に陥れる青井さくらを演じた川栄は「10年前、小学生の時に『デスノート』を観て、すごい作品だなと思って、その作品に今回関われたことが嬉しい」と人気シリーズへの出演を喜んだ。



川栄李奈

川栄李奈

本作は原作・大場つぐみ、作画・小畑健による人気コミックを実写化した映画『DEATH NOTE』(2006)の“正当な続編”。“キラ”こと夜神月と世界的名探偵“L”の対決から10年後の世界を舞台に、再びはじまったデスノートによる連続殺人と、6冊のデスノートをめぐる頭脳戦が繰り広げられる。
ジャパンプレミアには三つ巴の戦いを繰り広げる東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、前作に続き弥海砂を演じる戸田恵梨香、船越英一郎、佐藤信介監督も出席。

前作の公開時11歳だった川栄は「デスノートって、もしかしたら家にあるノートでも書けるんじゃないかって……思った方いないですか? 名前書いてみよっかな的な」と作品に影響されたことを明かし、「文房具屋さんで黒めのノートを探して、名前書いてみたりとかしてた」と当時を回想。
菅田から「誰かを殺そうとしたの?」とツッコまれ、「好奇心です好奇心。いけんのかな?みたいな感じで」と必死の弁解。「それが今回本当にデスノートに名前を書けて嬉しい。興奮しました」と話し、会場は笑いに包まれた。
東出は「超笑いながら書いてるんですよ」と川栄の狂気じみた青井さくらの演技に目を丸くし、監督も「淡々と演じられていたので怖かったですね」と撮影当時を振り返った。

また、キャスト陣に「もしデスノートがあったら所有者になりたい?」と質問が飛んだ際にも、東出と菅田が「絶対嫌です」と声を揃える一方で、池松から「まあ、(欲しがるのは)川栄さんくらいじゃないですか?」と振られた川栄は「ほんの少し。別に殺そうとは思ってないですけど」と所有欲を吐露。隣に立った菅田は「殺さないでね」と戦々恐々としていた。

映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日(土)全国公開。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top