乃木坂46、16thシングル「サヨナラの意味」MV公開 監督は柳沢翔

乃木坂46「サヨナラの意味」MVより

11月9日(水)に発売する乃木坂46の16thシングル「サヨナラの意味」のMusic Videoが公開された。



MVは、とある村に感情の起伏で身体に棘が出てくる“棘人(しじん)”と、出ない人たちの2つの種族が住んでおり、それぞれお互いの存在を恐れてはいるものの、毎年開催される“お祭り”では協力し合うことになっていて、果たして今年のお祭りはうまくいくのか!?というストーリー仕立て。
9月下旬に静岡県・山梨県で撮影を行なったものの、台風の直撃により撮影は途中で中止、そして延期となり、シチュエーションを合わせる為に、快晴の日でも人工雨を降らせて撮影したという力作になっている。

監督を務めたのは、柳沢翔。資生堂「High School Girl?」でカンヌ国際広告祭、Clio Award、ONE SHOWの世界三大広告祭のフィルム部門すべてでゴールド受賞した気鋭の映像クリエイターであり、今年3月には話題作『星ガ丘ワンダーランド』で映画監督デビューも果たした。
乃木坂46では「シャキイズム」「ガールズルール」「私、起きる。」のMVでもおなじみ。1stシングル「ぐるぐるカーテン」Type-Cの特典映像に収録された伊藤万理華の個人PV「ナイフ」では、デビューまもない伊藤の見事な演技を引き出している。

卒業を発表をし、ラストシングルでセンターを務める橋本奈々未の迫真の演技にも注目したい。





Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top