乃木坂46生田絵梨花、橋本奈々未の卒業に「心にぽっかり穴が開いた」

クリスマスジュエリープリンセス賞を受賞した乃木坂46

乃木坂46が「第2回クリスマスジュエリープリンセス賞」の歌手部門を受賞し、27日、パシフィコ横浜で開催された表彰式に出席した。



同賞は“クリスマスに男性が最もジュエリーをプレゼントしたい女性”を表彰するもの。表彰式には本賞のために選抜された“乃木坂46ジュエリー選抜”として生田絵梨花、生駒里奈、白石麻衣、西野七瀬、松村沙友理の5人が出席した。

表彰式では、5人を代表して表彰状とトロフィーを受け取った松村沙友理が「幼い頃からキラキラ光るジュエリーが大好きで、新聞にはさまっている広告チラシを集めてはそれをずっと眺めていました。それから時が経って、ここでこうして本物を身につけることができて、本当に感謝しています」と受賞の喜びを語り、「このキラキラ輝くジュエリーのように、私たち乃木坂46もずっと輝き続けられる女性になりたいと思います」と笑顔を振りまいた。

その後、報道陣の囲み取材に応じた5人。
白石は「このような素敵な賞を頂いて本当に嬉しいです」とニッコリ。乃木坂46のメンバーは「みんな可愛い光るモノに目がない」といい、「賞をいただいたことで、これから先もグループとして輝いていけるようにと思います」とあらためて受賞の喜びを語った。
生田は「踏み入れたことがない世界で、ここにいていいのかなって思っていました」と感激しきり。今回の“ジュエリー選抜”について、どのように決まったのかと聞かれると、生駒は「なんでだろう…スケジュールに名前があったので」と報道陣の笑いを誘った。
また、賞の名前にちなみ、クリスマスの予定について質問。昨年は仕事の合間に食べ物を買って楽屋でプチパーティをしたそうで、今年は「番組がないと何もやることもないので、音楽番組に出させて頂きたいです!」と声を揃えていた。

先日、メンバーの橋本奈々未が16枚目シングルの活動をもってグループを卒業し、芸能界から引退するを発表したが、卒業発表時のラジオ番組に橋本と一緒に出演していた生田は「本人の口から世に伝えられた時、心にぽっかり穴が開いているのを実感した」としみじみ。「本当に寂しいんですけど、彼女はすごく前向きで、これからの人生を切り開いていくっていう輝きも見えていると思うので、残りの時間は悲しむよりも応援する気持ちで過ごしたいと思っています」と語った。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top