4回転ループより難しい!? 羽生結弦選手が新CM撮影で苦戦

羽生選手ロッテ新CM「ブレイクタイムの後は」CMカット

フィギュアスケーターの羽生結弦選手が出演するロッテガム「キシリトールホワイト」の新CM「ブレイクタイムの後は」篇が10月29日より順次オンエアされる。



中世のヨーロッパを舞台に、ティーブレイクを楽しんでいる女性たちの前に、全身ホワイトに身を包んだスタイリッシュな羽生選手が颯爽と現れ、ブレイクタイムを楽しんだ後でも輝く笑顔でいられるよう、キシリトールホワイトを提供するという内容。

今回のCMのキモとなる「ホーワーイートー!」の掛け声とともにその場でターンをするシーンの音声録音では、監督も「この音程、とても難しいんです。」と認めるほど難易度が高く、羽生選手も苦戦。「本当、オンリー(音声録音)より4回転のほうが簡単だから!」と今シーズンからプログラムに取り入れた4回転ループを引き合いに出して悔しがると、スタジオ中から笑い声があがった。
およそ20回の試行錯誤の後に成功させた、輝く笑顔にピッタリな掛け声はCM本編にて。

撮影を終え、「洋風、中世のようなテーマがセットからも伝わってきたので、非常に楽しく撮影に参加させていただきました」とCMの世界観を楽しんだ様子の羽生選手。
自身のブレイクタイムについて聞かれると、「テレビゲームがすごい好きで、疲れた時……いや、疲れていない時もそうかもしれない(笑) 他にはもちろん音楽を聞くことだったり、テレビを観たり……。家の中でひっそりと休んでいます。基本的に1人で過ごしていますね」と明かす。

苦戦した「ホワイト~!」のセリフについては、「あれはもう、悔しくて仕方がないです!未だに納得ができていない部分です」と苦笑いを浮かべ、「絶対に4回転ループのほうが楽です!多分、今日の夜は家でずっと叫んでます(笑)」と最後まで悔しさをにじませていた。

■CM本編カット

■CMメイキングカット



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top