乃木坂46が新曲初パフォーマンス「皆さんに好きになってほしい曲」 °C-ute鈴木愛理はSCANDALとコラボ【日テレハロウィンライブ2016】

乃木坂46

乃木坂46が28日、東京・渋谷の国立代々木競技場第一体育館で開催された「日テレ HALLOWEEN LIVE 2016」に登場。新曲を初パフォーマンスした。



昨年に続き2年連続出演の乃木坂46は、黒と白の2色の衣裳に分かれて登場すると、キレのあるダンスから「制服のマネキン」「命は美しい」のクールなダンスナンバー2曲を続けて披露。
最初のMCでは、衣裳はそれぞれ「天使」と「悪魔」をテーマとし、「天使」はヴィンテージのウエディングドレスを解体して作られたもので、一方の「悪魔」はゴシックをモチーフとした衣裳であることを明かした。
続く「裸足でSummer」では、大サビから天使の頭に輪を付けた日本テレビ・桝太一アナウンサーも参加し、昨年の“枡坂46”の再現となった。
その後、11月9日発売の16thシングル「サヨナラの意味」を初披露。同シングルのセンターを務め、また今作をもってグループからの卒業と芸能界の引退を発表している橋本奈々未が「ライブでは初披露ですね。皆さんに好きになってほしい曲です」と曲紹介し、爽やかなサヨナラソングに仕上がった同楽曲をパフォーマンスした。


ライブを終えて、白石麻衣は「すごい熱気で、お客さんと一体になれたと思うので、すごく楽しめたハロウィンライブでした」と笑顔。昨年同様、メンバーの一番端で踊った枡アナに対し、生駒里奈は「なんでセンターに来ないんですか」と残念がりながらも、「去年の『おいでシャンプー』より難しいダンスだったけど、完璧に出来てた」と枡アナのダンスに太鼓判を押していた。
「サヨナラの意味」でセンターを務める橋本は「みんな私のサイリウムカラーの緑にしてくれて、綺麗でした」と会場の雰囲気に感激した様子で、楽曲について「これから進んでいく人たちにも響く曲になっていると思うし、私自身にとってもこれから大事な曲になっていくだろうなと思う」とコメント。
キャプテンの桜井玲香は同楽曲が橋本のラストシングルとなることについて「寂しいなと思いますけど、でも毎回こうやっていろんなところでこの曲を披露できて、いろんな方に聞いてもらえるのは嬉しい。これから残りの時間をみんなで噛み締めながら大事にしていきたい」と語り、最後は橋本から「これからも乃木坂46を宜しくお願いします」とファンに呼びかけてステージを後にした。


同ライブにはほかに、カントリー・ガールズ、Little Glee Monster、SCANDAL、KEYTALK、°C-uteも出演。

°C-uteの鈴木愛理はSCANDALのライブに飛び入り参加。『トイ・ストーリー』のジェシー風の衣裳に身を包んだ鈴木愛理と、『ピーターパン』のタイガー・リリーに扮したSCANDALで「瞬間センチメンタル」をパフォーマンス。RINA(Dr.)は「超カッコよかった。愛理ちゃんの歌声がすごい好きなんですよ。だから、愛理ちゃんが歌ってくれる『瞬間センチメンタル』だーって思いながら演奏できました」とコラボの実現を喜んだ。

この日唯一の男性アーティスト・KEYTALKのラスト曲「MONSTER DANCE」では、カントリー・ガールズの嗣永桃子と枡アナがステージに引っ張り出され、KEYTALKのアッパーなダンスロックサウンドにのって一緒にダンス。パフォーマンス後、嗣永は「まさかこんなコラボレーションが出来るとは思わなかったので、ハロウィンイベントならではだなと。本当に……息切れが半端ないです」と会場を笑わせた。

本日28日から3日間に渡り同所にて開催される「日テレ HALLOWEEN LIVE 2016」。初日のトリは、来年6月に解散することが決定している°C-uteが務め、可愛らしいナースの衣裳で「kiss me愛してる」「アイアンハート」など計7曲をパフォーマンス。矢島舞美は「1つ1つ皆さんに会える機会を大事にしていて、この景色をしっかり目に焼き付けようと思って今日もステージに立ったんですけど、私たちのファン以外の方も暖かく応援してくれて、幸せだなと思いました」と残り少なくなった貴重なライブの機会を噛み締めていた。

なお、この日のライブの模様はCS日テレにて11月26日夜9時30分から放送予定。

PHOTO:山内洋枝



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top