9nine、アメコミ界の巨匠スタン・リーの最新作に抜擢 劇中歌&キャラ出演で声優も

「ザ・リフレクション」に抜擢された9nine

パフォーマンスガールズユニット・9nineが、アメコミ界の巨匠スタン・リーの最新作「ザ・リフレクション」の劇中歌を歌うこと、さらに、メンバーがアニメキャラクターとして作品に出演することが発表された。



10月29日(日本時間)に、米・ロサンゼルスで行われた「STAN LEE’S L.A.COMIC CON2016」にて、同作の制作発表会に9nineのメンバーが登壇し、発表した。
2017年に世界同時配信予定の「ザ・リフレクション」は、「X-MEN」や「スパイダーマン」「アベンジャーズ」など数々の有名作品の原作・原案者として有名なスタン・リーと、「蟲師」や「惡の華」等を手掛けた日本を代表するアニメ監督・長濱博史が、強力タッグを組み制作する、完全オリジナルヒーローアニメ。ある日世界中に降り注いだ光によって人ならざる力を持った“リフレクテッド(能力者)”たちの戦いを描く。
世界中が注目する「アメコミ×ジャパンアニメーション」のコラボレーションプロジェクトとなっており、9nineのライブを見た長濱監督が彼女達のパフォーマンスに圧倒され、「何か一緒に仕事をしてみたい」と思い立ったことが今回の起用のきっかけだという。
また、9nineが担当する本作の劇中歌は、ポール・マッカトニーやペット・ショップ・ボーイズなどを手掛けたUKロック界の巨匠トレヴァー・ホーンがプロデュースする。

オファーを受けた時の心境について、村田寛奈は「本当に信じられませんでした。スタン・リーさんのアニメに、トレヴァー・ホーンさんの曲を歌わせていただけるなんて、これは夢なのかなって思いました。ですが、長濱監督やこの作品に関わっているスタッフの皆様からも直接お話を聞かせていただき、作品にかける思いや熱意は夢ではなく本物だ、と実感しました」と語り、西脇彩華は「自分の特殊能力を“人のため”に使い、人々を救うヒーローアニメ『THE REFLECTION』をお届けするチームの一員として、私達も強くてまっすぐな歌とダンスを通して更にアニメを楽しんでいただけるよう、グループ一丸となって皆さんに届けたいと思います」と本作にかける意気込みを述べた。
一方、今回初めて日本人アーティストをプロデュースするトレバーも「9nineのような評判の高い日本のパフォーマンスガールズユニットが、私の曲を歌ってくれるのをとても光栄に思っています」と期待を語っている。

(C)Stan Lee・Hiroshi Nagahama/THE REFLECTION



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top