菅田将暉「山崎賢人ってすごい」恋愛映画初主演で実感 小松菜奈は「死ぬんじゃないかと思った」と過酷な撮影を回顧

「溺れるナイフ」初日舞台挨拶

女優の小松菜奈と俳優の菅田将暉がW主演する映画『溺れるナイフ』が5日に公開初日を迎え、小松、菅田のほか、ジャニーズWESTの重岡大毅、上白石萌音、ドレスコーズの志磨遼平、山戸結希監督が初日舞台挨拶を行った。

本作は、講談社「別冊フレンド」に連載され、洗練された世界観と、リアルな心理描写で熱狂的な支持を得たジョージ朝倉による同名少女漫画を、気鋭の若手女性監督・山戸結希が実写映画化。
都会からきたティーン誌のモデル・夏芽(小松菜奈)と、地元の神主一族の跡取り・コウ(菅田将暉)が出会い、惹かれあい、ぶつかり合う10代特有の躍動感に溢れたラブストーリー。

今年公開された映画だけでも9作品に出演している菅田だが、意外にも恋愛映画の主演はこれが初めて。「山崎賢人とか仲良いんですけど、あいつもすごいなと思いましたね。やっぱりちゃんとカッコ良くなきゃいけないし、美しくないといけない。じゃないと『こいつら何やってるんだろう』だけで終わってしまう。見てもらえる2人じゃなきゃいけない」とラブストーリーならではの難しさを実感。
また、本作は恋愛映画とはいえ「甘いシーンばかりではない」ため、「品が良くないと観てもらえない、でも野性味が欲しいし、気高くなきゃいけないけど、血生臭く生き様を撮影しなきゃいけない」というバランスに苦労したそうで、「最後のほうのシーンで、現場で監督から急に『“コウちゃん”らしいキスの仕方が見たい。顔面にツバを吐いてくれ』と言われて、今考えたら結構ハードなことも、“コウちゃん”だと違和感を感じずにできた」と撮影を振り返った。

モデルから女優への道を踏み出そうとする夏芽を演じた小松は、自身も12歳でモデルとしてのキャリアをスタートさせ、女優の道へと進んだ。
「モデルの経験がなかったら表現できないものもあると女優業を始めて思ったこともあるので、モデルから女優になったということは私的には良かったと思う。夏芽も同じ道を辿っているので、近いものを感じた」と演じた役に共感を寄せた。

舞台挨拶の最後に、菅田は「大前提として映画って簡単に公開されるものじゃない。たくさんの人のご協力を経て、こうやって皆さんの前に公開されるっていうのを、この作品ですごく感じました」としみじみ。
海に飛び込むシーンをはじめとするハードな撮影をこなした小松は、「17日間というタイトな撮影だったんですけど、本当に過酷すぎて、いつも『明日死ぬんじゃないか』と思うくらいだった」と当時を振り返り、「全てが当たり前ではないんだなと思うこともすごくあって、撮影してる間は『公開されないんじゃないか』っていうくらい、撮れなかったシーンもたくさんありましたし、ものづくりの大変さも痛感しました。でも今日こうやって初日を迎えられて純粋に嬉しいです」と無事に迎えた公開初日を喜んだ。



※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top