池松壮亮、トム・クルーズと13年ぶり再会「出会えて人生が変わった」

13年ぶりに再会した池松壮亮とトムクルーズ

俳優の池松壮亮が8日、2003年に公開された映画『ラストサムライ』で共演した米俳優トム・クルーズと13年ぶりの再会を果たした。



トム・クルーズは今週末11日に日本で公開される主演映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のPRのため、本作で『ラストサムライ』以来のタッグを組んだエドワード・ズウィック監督とともに来日。8日に都内ホテルで行われた記者会見に、『ラストサムライ』でトム・クルーズ演じる主人公と心を通わす日本人少年の役を演じた池松壮亮が駆けつけ、成長した姿を見せるとともに、成人になった記念に3人で杯を交わせればという想いを込めて、日本酒を贈呈した。

トムは久々の再会に興奮を隠しきれない様子で、「会えて本当に嬉しいよ!!でも驚かないよ、あの当時から素晴らしい演技をしていたからね。」といい、ズウィック監督もまた当時のエピソードを思い返しながら
「どんなベテランでも難しい別れの演技をするシーンだったのに、若い壮亮は最初のテイクから完璧だったんだ。」と揃って池松を大絶賛。
トムも当時を思い出し、池松に嬉しそうに、「あのとき、そのシーンを付け加える為に直前にシナリオを書き足したんだよね。でも僕は日本語が分からなくて……。(当時を)覚えてる?」と問うも、池松は「覚えてないです!(笑)」と正直に告白。会場は笑いに包まれるも、トムは「本当に楽しかったし、一生懸命やったんだ。彼は重要な役で、本当にパーフェクトだった。感動したよ。君を本当に誇りに思う。」としみじみと振り返った。

池松は、「僕もあの頃は俳優になるとは自分で思っていませんでしたし、お二人に会っていなかったら東京にも来ていなかったかもしれません。お二人に出会えて人生が変わりました。ずっと指標であるというか、お二人のおかげでまだまだ頑張っていけるなと思います」と人生を変えた二人との再会に感激した様子でコメント。
本作については「お二人のその後の活躍は観てきたけど、やっぱりお二人のタッグは特別で、エドが撮るトムは本当にカッコよかった。真実の正義、ひけらかさない正義は、みんなが忘れかけていることじゃないかなと思いますし、日本人も共感できるんじゃないかと思います。素晴らしかったです。」と感想を述べた。

トムはあらためて池松に「毎日楽しかったよね。心から君を誇りに思うよ。今日来てくれたことが本当に嬉しい。いまもサムライのみんなのことをずっと想っているからね!」と喜びを伝え、写真撮影の間も3人はずっと談笑を続けながら感動の再会を喜び合っていた。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
21

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top