メンズノンノモデルオーディション、グランプリに18歳の美大生・中川大輔さん

メンズノンノモデルオーディション受賞者と先輩モデル

第31回メンズノンノモデル・公開オーディションの最終選考会が10日、東京・江東区のZeppダイバーシティ東京で開催され、東京都出身の美大生、中川大輔さん(18)がグランプリに輝いた。



田辺誠一、谷原章介、東出昌大といった数々の人気モデルや俳優たちを排出してきた同誌の専属モデル。
同オーディションは2,000通を超える応募の中から書類選考で約300名ほどに絞られ、1次面接、2次面接&カメラテストを経て、ファイナリスト10名が決定。この日、同所で開催された「MEN ‘S NON-NO」の創刊30周年を記念したイベント「メンズノンノフェス2016」内で最終審査が行われた。

グランプリのトロフィーを手にした中川さんは、「ランウェイを歩いた後に担当の方が『良かった』って言ってくださって、その時からグランプリだけを狙って待ってたので本当に獲れて嬉しいです」とやや緊張の面持ちで喜びを語った。

生まれは東京だが、同誌を読むようになった高校時代は沖縄に住んでいたため、「東京に出たら応募しようと決めていた」といい、大学進学とともに上京して1年目で栄冠を掴んだ。現在は美大に通っていることもあり、「こういうイベントの入口のモニュメントを作ったりできるような、クリエイティブな面も見せられるモデルを目指していきます」と目標を掲げた。

なお、準グランプリは鈴木仁さん(17)、ラボ シリーズ賞は若林拓也さん(19)が受賞。
MEN ‘S NON-NOの先輩モデルで、俳優としても活躍する坂口健太郎は、受賞した3人に「カッコいいし洋服も似合うので、早く誌面で仕事をする時がきたらいいなと思います」と期待を寄せた。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top