[Photo Report] 福士蒼汰・坂口健太郎らイケメン揃い踏みの「メンズノンノフェス」に黄色い歓声

「メンズノンノフェス2016」グランドフィナーレ

男性向けファッション誌「MEN ‘S NON-NO」の創刊30周年を記念したイベント「メンズノンノフェス2016」が10日、東京・江東区のZeppダイバーシティ東京で開催された。


イベントでは坂口健太郎、成田凌、柳俊太郎ら同誌の誌面のみならず、俳優やアーティストとしても活躍するメンズノンノモデル14人が出演。「エンポリオアルマーニ」や「ブラックレーベル・クレストブリッジ」などのファッションショーに加え、トークショーで会場に集まった1000人の観客を沸かせた。


さらに、「エンポリオアルマーニ」のファッションステージのラストにはゲストの福士蒼汰が登場。大歓声の中、ランウェイを歩くと、「こういう機会は慣れてないので緊張しますね」と照れ笑いを浮かべながら、そのままイベントの司会を務めるハリー杉山とのトークコーナーへ。
これまでに福士が飾った同誌の表紙を会場のスクリーンで振り返り、「メンズノンノはやっぱり男の子の憧れの雑誌だと思うので、そこにまだ20歳そこそこくらいの自分が出ていいのかなと思いましたけど、すごい嬉しかったですね」と初めて表紙を飾った時の心境を明かした。

また、イベントでは第31回メンズノンノモデル・公開オーディションの最終選考会も行われ、東京都出身の美大生、中川大輔さん(18)がグランプリに輝いた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top