生田斗真&本田翼「土竜の唄 香港狂騒曲」でマカオ国際映画祭へ

『土竜の唄 香港狂騒曲』©2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM ©高橋のぼる・小学館

映画『土竜の唄 香港狂騒曲』が今年初開催となる「第1回マカオ国際映画祭」に「特別招待ガラプレミア」の枠で招待されることが決定した。



世界各国から監督・俳優・映画界のキーパーソンら500人を招き入れ、アジア有数の映画祭として地位を築いていくと想定された映画祭で、招待を受け、生田斗真、本田翼、三池崇史監督が12月9日(現地時間)に行われるワールドプレミア上映に参加する。
マカオは本作の舞台となった香港の目と鼻の先。そんな所縁のあるエンタメ都市でのワールドプレミアに、三池監督は「ベガスよりハデなマカオでデッカイ土竜の花火を打ち上げてやる!」と気合十分。

映画『土竜の唄 香港狂騒曲』は2014年2月に公開された『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』の続編。原作コミック「土竜の唄」(高橋のぼる/週刊ビッグコミックスピリッツ連載中)でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を実写化。香港を舞台に、潜入捜査官・菊川玲二が前作以上に絶対インポッシブルな任務に挑む。
主演の生田斗真を中心に前作から引き続き仲里依紗、上地雄輔、堤真一が出演するほか、今作からの新キャストとして、瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒が加わる。
12月23日(祝・金)公開。

■映画公式サイト
http://mogura-movie.com/



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top