藤原紀香が六本木ヒルズのイルミネーションを点灯 梨園の妻業「とっても充実しています」

六本木ヒルズのクリスマスイルミネーションを点灯した藤原紀香

女優の藤原紀香が14日、六本木ヒルズで行われた「けやき坂Galaxyイルミネーション」の点灯式に出席した。



六本木ヒルズ開業以来14回目の開催となる今年のイルミネーションの点灯者“SNOW QUEEN”として六本木ヒルズアリーナの大階段から登場した藤原が点灯スイッチに手を添えると、約400メートルの六本木けやき坂通りを約120万灯のLEDが彩り、六本木の街を美しく染め上げた。
毎年けやき坂のイルミネーションを見て感動していたという藤原は「六本木の点灯式は初めてなので、間近でその瞬間に立ち会えて幸せです。すごく綺麗ですね」と、圧倒的なイルミネーションにすっかり魅了された様子だった。

六本木ヒルズのクリスマスイルミネーションを点灯した藤原紀香

六本木ヒルズのクリスマスイルミネーションを点灯した藤原紀香

今年3月に歌舞伎俳優・片岡愛之助と結婚した藤原紀香。「のんびりデートもしてないのでデートしたいねと話してたので、そんな時間があるかわからないけど、普通に(けやき坂を)歩きたい」と目を輝かせる。
クリスマス当日は愛之助の歌舞伎が京都で千秋楽を迎えるため、“梨園の妻”として同行するといい、結婚生活には慣れたかという質問には「やるべきことをきっちりやって(夫を)サポートしていきたい。自分の仕事も続けているので、時間の空いた時に自分の仕事をして、とっても充実しています」と笑顔を見せた。

この日、藤原はエスカーダの青いドレスにショパールの豪華なジュエリーを着用。衣装は六本木ヒルズ内にある店舗からイルミネーションのテーマである“SNOW&BLUE“を意識して選んだそうで、「ジュエリーは雪の結晶のような感じ、ドレスはブルーのものを探しました」と明かし、「久しぶりにドレスを着ました。ずっと着物だったので、ちょっと違った感じ。このドレスを着るために、この3日間くらいすっごいトレーニングしました」と告白して周囲を笑わせていた。

「けやき坂Galaxyイルミネーション」は12月25日まで、白と青のLEDで彩られる「SNOW&BLUE」と、琥珀色を基調とした暖色系のイルミネーション「CANDLE&AMBER」が一定時間ごと交互に点灯する。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top