広瀬すず・中条あやみ・福原遥らサプライズ登場 キッズチアリーダーたちと笑顔溢れるダンス

サプライズで登場した広瀬すずら映画『チア☆ダン』キャスト

女優の広瀬すずが20日、東京・渋谷区の東京体育館で開催された全日本チアダンス選手権にサプライズ登場した。



この日行われた中学生以下の部門の決勝大会の休憩時間に、主演映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』でチアダンス部の生徒を演じた中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥とともに登場した広瀬は、「この映画で私もチアダンスに挑戦させていただいたんですが、本当に華やかで魅力のある競技で私も大好きになりました」と挨拶。
「撮影に入る半年前に初めてチアダンスの世界を見て、それから練習して、みんながいたから頑張れるってこういうことなんだろうなって思いました。大変だったんですけど、楽しかったです」とハードながらも手応えのある撮影を振り返り、「きっと元気になってもらえるような映画。いま頑張っている人たちや、ここにいる選手の皆さんにきっと刺さるものがあると思います」と映画をアピールした。

広瀬演じる主人公・友永ひかりが所属する福井中央高校チアリーダー部「JETS」の部長・玉置彩乃を演じた中条あやみは、「チアダンスでみんなで力を合わせて、自分以外の人を笑顔にすることの素晴らしさを教えてもらいました」と話し、福原遥は「今回この映画で初めてチアダンスをさせていただいたんですけど、ダンスをした途端に共演者の方やチームのみんなと仲良くなれて、すごい団結力を感じました。皆さんの演技を見て笑顔になれる、素敵な競技だなと思います」と、それぞれ映画の撮影を通じて感じたチアダンスの魅力を語った。

本作の撮影終了後、「JETS」のメンバーが一堂に会するのはこれが初めて。5人はその後、キッズチアリーダーとともに会場の観客に簡単なチアダンスの振付をレクチャーし、会場一体となったダンスパフォーマンスで盛り上げた。

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』は、全米チアダンス選手権大会優勝という快挙を成し遂げた福井商業高校チアリーダー部の実話をもとにした感動の青春サクセスストーリー。2017年3月11日(土)公開。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top