菅田将暉、渡辺謙、吉川晃司ら、GQが選ぶ“今年最も輝いた男性”に

GQ MEN OF THE YEAR 2016授賞式

今年最も輝いた男性著名人を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2016」の授賞式が21日、東京都内で行われ、受賞した菅田将暉、渡辺謙、吉川晃司らが出席した。



最初にトロフィーを受け取ったのは菅田将暉。今年公開の9本の映画に出演し、ドラマやCMでも見ない日はないほどの活躍だった。本人は「最初にこの話を聞いた時は、正直よくわからなかったです。僕は今、23歳で、男として全然生き様を見せられていないこの時期に、でも自分なりに突っ走った1年に、自分のどこを見てもらえたのかな?と思っていました。」と受賞に戸惑いもあったようだが、「僕が今まで出た作品や今まで残したものに対して、皆さんが笑顔で『あれ格好良かったんだよね』とか『あれ面白かったね』と話してくれて、今まで満たされたことのない何かが満たされたような気がしました」と喜びを噛み締めた。

同賞は菅田、渡辺、吉川のほか、お笑いコンビのトレンディエンジェル、柔道のベイカー茉秋選手、陸上男子400メートルリレー日本代表の飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手、山縣亮太選手、指揮者の小澤征爾が受賞。

菅田が「レベルの高いステージに同じようにいさせてもらえることがすごく嬉しいです。改めてここに立ってみて、横には渡辺謙さんがいらっしゃって、オリンピックのメダリストの皆さんと一緒にここに立っているということが……」と語り始めると、トレンディエンジェルの2人が「俺たちもいるよ!」とジェスチャーでアピールするも、菅田からは「え?」と、お茶目にとぼけられてしまう一幕も。
また、俳優デビュー作で共演した吉川晃司に見守られ、「お父さんが見てる目の前で走る運動会のような気持ちでした。おかげで緊張が解けました。」と笑みを浮かべていた。

授賞式では、「自分にとってのあるべき男性像」を「男とは○○」という言葉で受賞者たちが表現。

トレンディエンジェルは、「言い訳しない生物(いきもの)であれ」と色紙にしたため、斎藤司が「(お笑いも)勝負の世界なので、負けたことに対する理由は自分の中で反芻して、人に言い訳せずにチャンスにつなげる。」と説明。続けて「スベった時とかも言い訳しない。今日はまだウケてないですけど、まだ本気出してないみたいなところありますので。」と発言したところ、間髪入れずに「言い訳してるじゃん!」と、たかしからのツッコミを受けていた。

渡辺謙は「風」。「実態があってないような仕事をしていると思っています。風を感じたり起こしたり、終わったらさっさと風は去っていく、というようにいたいなと思います。」と、大人の余裕を感じさせる厚みのある言葉を添えた。
吉川晃司は「男とは『醸し』」と書き、「このくらいの年齢になると、立ち姿とか顔に生き様が出ると思う。ごまかしたってしょうがないですし。滲んできたらいいなと思います。」と、潔いコメントから男らしさと強さを醸し出していた。

なお11月24日発売のGQ JAPAN1月号にて受賞者のインタビューとポートレートが掲載される。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top