池田エライザ、「ホクサイと飯さえあれば」で上白石萌音と初共演「ずっと前から一緒にいる感覚」 

モデルで女優の池田エライザが、2017年1月よりMBS/TBSドラマイズム枠ほかにて放送されるドラマ「ホクサイと飯さえあれば」に出演することがわかった。



有川絢子役:池田エライザ ©鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS

有川絢子役:池田エライザ ©鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS

「ホクサイと飯さえあれば」は、講談社「ヤングマガジンサード」にて連載中の鈴木小波による北千住が舞台の同名グルメ漫画を実写ドラマ化。上白石萌音が主人公・山田文子(通称:ブン)を演じることがすでに発表されている。
池田エライザが演じるのはブンと同じ大学に通い、美味しいゴハンに目がなく、コミュ力が高い女子大生の有川絢子(通称:ジュン)。ひょんなことからブンと知り合い、友達になる。美味しいゴハンが作れる人を尊敬しているという役どころ。

映画『みんな!エスパーだよ!」で池田と現場をともにした本作の森谷雄プロデューサーは「現場で見ていたエライザさんの素の部分に近い、明るくてキラキラしているけど繊細という役どころにピッタリだと思いオファーしました」と本作への起用の理由を語る。
池田自身はオファーを受けた時に「ジュンちゃんはとっても素直でズンズン前に突き進んでいく女の子なのですが、今までにそういった役がなかったのでとてもワクワクした」とコメント。また、「衣装合わせも入念にしました。ジュンちゃんはこういう性格だから、こう着るんじゃないかな、こういう色を使えば伝わるんじゃないかな?など色々打ち合わせています。ヘアもその日のジュンちゃんの気分で変えています」とモデルとしても活躍している池田ならではの役作りも。

本作が初共演となる主演の上白石と池田ついて、森谷プロデューサーは「もう完全に友達同士のようです。友情が芽生えるシーンではこちらが泣いてしまいそうでした。『この二人で良かった』 と本当に思いました。全く違うタイプのように見える二人だけれどどこか似ている感じが見事に出ています」と二人の息の合った演技に太鼓判を押す。池田も上白石について「萌音ちゃんとはずっと前から一緒にいる感覚。すっと馴染んで暖かい現場です。笑いがたえません。」と初共演を楽しんでいるようだ。

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」 はMBSにて1月22日(日)より毎週日曜深夜0時50分放送。TBSでは1月24日(火)より毎週火曜深夜1時28分放送。
放送に先駆けて、ドラマ「ホクサイと飯さえあれば-上京・新居飯計画編-」も放送される。(MBS 1/15(日)深夜0時50分~・TBS 1/17(火)深夜1時28分~)

■池田エライザ コメント

ずんずんと前に突き進んでいくジュンちゃんにしっかりしがみついて、北千住LIFEを楽しみたいです。とても暖かい現場でのびのびと平和な時が流れており、 それが観ている皆様に伝わればいいなと思います。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top