中条あやみ主演で「覆面系ノイズ」実写映画化 歌とギターに初挑戦

「覆面系ノイズ」ニノ役:中条あやみ ©2017「覆面系ノイズ」製作委員会

「花とゆめ」で連載中の恋愛漫画「覆面系ノイズ」の実写化が決定し、主演を中条あやみが務めることがわかった。



中条が演じる主人公・仁乃(ニノ)は、小さな頃からとにかく歌うことが大好きで、その歌声で次々と人の心を虜にしてしまう、奇跡の歌声の持ち主。気持ちが昂ると思わず叫び出してしまうので、マスクを常用しているというほど、溢れる想いを胸に秘めた女の子でもある。

幼いころ離れ離れになったいつも一緒に歌っていた初恋の相手と、浜辺で出会った作曲をする男の子との再会を信じて、「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という彼らとの約束を胸に歌い続ける仁乃。
そんな彼女が高校生になり、一人の男の子と学校で再会するところから、物語はスタート。実は、正体を隠した大人気覆面バンドのメンバーだという彼にバンドに誘われた仁乃は、新たに歌う場を与えられ、もう1人のどうしても会いたい人――初恋の男の子にこの声を届けようと、再び、声の限り歌い始める。

中条は仁乃を演じるにあたり、8月からボイストレーニングに通い、本格的な歌、そしてギターにも初挑戦。
ボイストレーナーは「中条さんは面白い声質。マイク乗りの良い、響きがとてもきれいな声です。高音は響きが特にきれいで、低音域もとても魅力的。練習を重ね、弱かった声も強くなってきています。」と中条の声を絶賛。
はじめは人前で歌うことに慣れなくて小さい声でしか歌えなかったという中条自身も「ボイストレーニングをして回数を重ねるごとに声が出てくるようになったり、ニノの印象的な声っていうのはどんなものかと考えながらそこに向かっているうちに、人前で歌うこともだんだん楽しくなってきました」と成果を実感。
また、「パフォーマンス練習でマイクの持ち方や歌い方を一緒に考えながら練習しているのでどんどんニノに近づいてるようで嬉しい」と役づくりも順調のようだ。

メガホンをとるのは、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で、甘く切ないラブストーリを繊細で柔らかい映像で描いた三木康一郎監督。
中条とは初めてタッグを組む。「若く、経験も少ない彼女ですが、そのぶん、熱意やパワーそして新鮮さがある。そんな今の彼女が持ち合わせている魅力を出し惜しみすることなく、みなさんに見せられればと思っています。クランクイン前にも関わらず、彼女には歌の練習や、身のこなし方など、たくさん練習してもらっています。吹き替えなしで、しっかり歌って、見てくれるみなさんのド肝を抜きたいと思っています。熱唱する彼女にも注目して下さい」と自信を見せている。

映画『覆面系ノイズ』は、2017年秋全国公開。

■主演・中条あやみ <有栖川仁乃役> コメント

初めて三木監督と、皆さんとお会いした時から絶対素敵な映画になると感じました。同時に、音の持つ力を改めて素晴らしいと感じる作品でもありました。溢れ出す想いを秘めたニノが歩む初恋、青春、恋愛・・・物語のすべては、この音から始まる気がします。
私自身、音楽がすごく好きで 聞いたり歌ったりすると気持ちが落ち着く感情など ニノと共感できる部分も多く有栖川仁乃役を演じる事が出来てとても嬉しいです!
どのシーンも好きなのですが ライブのシーンは特にかっこいいので皆さんと力を合わせて全力で頑張ります!

●奇跡の歌声を持つボーカル役の役作りについて

最初は人前で歌うことになれなくて小さい声でしか歌えないところから始まったのですが、ボイストレーニングをして回数を重ねるごとに声が出てくるようになったり、ニノの印象的な声っていうのはどんなものかと考えながらそこに向かっているうちに、人前で歌うこともだんだん楽しくなってきました。
また、パフォーマンス練習でマイクの持ち方や歌い方を一緒に考えながら練習しているのでどんどんニノに近づいてるようで嬉しいです!そして今回は歌だけでなく、ギターにも初挑戦するので、今からとても楽しみです。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top