小嶋陽菜、最後の紅白出演渇望「ご祝儀で投票して」

WHITE Treeライトアップセレモニーに出席した小嶋陽菜

AKB48の小嶋陽菜が24日、東京・千代田区のJPタワー商業施設「KITTE」のWHITE Treeライトアップセレモニーに出席。同日発表された紅白歌合戦の企画「AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう!」についてコメントした。



同企画は国内48グループ300人以上の中から投票で選ばれた48人だけが大晦日に行われる第67回NHK紅白歌合戦に出演できるというもの。
来年2月に卒業コンサート行う小嶋は「最後の紅白だなって思ってたんですけど、出れない可能性もあるってことですよね?」と思わぬ展開に戸惑いを隠せない様子。「本当にAKB人生最後の紅白なので、ご祝儀で皆さんに投票していただきたい」と懇願し、「出られなかったら、予定がなくなっちゃう」と困惑。
大晦日へ向けて「もう何年も“大晦日はみんなで紅白”という感じだったので、来年からその習慣がなくなっちゃう。だから(今年は)今までやっていた通り、楽屋でみんなで年越し蕎麦を食べたり、みんなでやってきたことを最後だなと思いながら過ごしたい。なので紅白は絶対ですね」と紅白出演を渇望した。

今年のクリスマスは「スケジュール見たら競馬の仕事が入ってた」そうだが、AKB48卒業後は恋愛が解禁されることもあり、「来年は素敵なクリスマスを過ごせたらなと思いますけど、どうでしょう? 『AKBの仕事がある』って言い訳がなくなるわけじゃないですか、だから本当に予定ない場合ありますよね」と苦笑。
また、2016年を振り返って「今年は卒業発表できたのが大きくて、2月22日のコンサートのために、いま自分でいろいろ動いてたりするので、ファンの人に来年を楽しみに待っていてほしい」とコメント。「AKB48の活動に思い残すことはない?」と問われると、「さすがに紅白出れなかったら思い残しますけど、そこだけ出れたら」と笑顔を見せていた。

小嶋はこの日、同施設1階に設置された、屋内では日本最大級の高さ約14.5メートルのクリスマスツリーを点灯。堂珍嘉邦によるオリジナル楽曲に合わせたツリーのライトアッププログラムを見て「思った以上のスケールで、素敵なツリーでビックリしました。堂珍さんの歌の力強さと優しさがまたすごくツリーにぴったりマッチしていて素敵でした」と感激しきりだった。
同ツリーの点灯はKITTEのクリスマスイベント「WHITE KITTE」の一環。イベントは12月25日(日)まで開催。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top