乃木坂46・北野日奈子が「もしフェス」に登場 これからは文学少女に?

「もしフェス」に出演した北野日奈子(乃木坂46)

乃木坂46の北野日奈子が26日、東京・渋谷区の東京体育館で行われた「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」に出演した。



女性ファッション誌「Zipper」の専属モデルを務める北野は、「冬らしくモコモコ&キラキラ」をテーマとした同誌のファッションステージのトリで登場。ピンクのロングトレーナーにモコモコのファーブルゾンを羽織り、光沢のあるシルバーのスカートを合わせたコーディネートで、両手のネイルはソックスの色と同じ赤で合わせた。

ランウェイをクールに歩いた

クールな表情でランウェイを歩いた

ランウェイを歩き終えた北野は同誌モデルの瀬戸あゆみとともに再びステージへ。「頭についてるヒラヒラの紐がリボンじゃなくて靴紐なんです。それと顔についてるキラキラとかがZipperの冬のトレンドでもあり可愛いなと思います」とコーディネートのポイントを紹介。瀬戸も「こういう靴紐を使うのは個性的なZipperらしいと思う」と語った。

誌面では共演しているものの、この日が初対面という2人。北野が瀬戸の印象について「世界観がすごい素敵で誰にも真似出来ない瀬戸あゆみさんのキラキラしたところがカッコいい」と絶賛すると、瀬戸も北野について「雑誌で見てる時からすごい可愛らしいなと思っていて、仲良くなりたいと思っていたんですけど、実際に会ったら雑誌よりもさらに可愛くてビックリしました」と褒めちぎった。

普段、大人数が所属するグループで活動している北野は、個性派モデルとして活躍する瀬戸に「どうやったら自分なりの色を出せますか?」と質問。これに対し、瀬戸は「自分が好きなものを突き詰めることが重要かな」と提案し、北野が最近本を読むようにしていることに触れ、「オススメの本を紹介して文学少女っぽさを出すとか」とアドバイス。MCから「きいちゃん、これからメガネ少女になるかも?」と振られた北野は、顔の前で指を丸めてメガネのポーズでおどけてみせた。

「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL2016」は同所にて、11月26日・27日の2日間、ジャパニーズポップカルチャーの先端をゆくアーティストのライブに加え、様々な日本文化を一挙に体験できるコーナーやワークショップを設け、伝統芸能からポップカルチャーまでジャパニーズカルチャーを集結し、世界に向けて発信するコンテンツフェスティバルとして開催。
明日27日はきゃりーぱみゅぱみゅ、でんぱ組.inc、CAPSULEらが出演する。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top