マーティン・スコセッシが“想像を絶する日本”を描く「沈黙-サイレンス-」予告映像解禁

Photo Credit Kerry Brown

戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」(新潮文庫刊)を、『タクシードライバー』『ディパーテッド』のアカデミー賞®監督、マーティン・スコセッシ監督が完全映画化した『沈黙-サイレンス-』(原題:Silence)のアメリカ版予告映像が解禁された。



映画は17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた宣教師の目に映った想像を絶する日本を舞台に、人間にとって本当に大切なものとは何かを、壮大な映像で描いた歴史大作。
スコセッシが1988年に原作と出会ってから28年、読んだ瞬間に映画化を希望し、長年に渡りあたため続けてきた待望のプロジェクトに、アンドリュー・ガーフィールド(『アメイジング・スパイダーマン』)、リーアム・ニーソン(『シンドラーのリスト』)、アダム・ドライバー(『スター・ウォーズ フォースの覚醒』)に加え、日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら実力派俳優陣が集結した。

予告映像は、アンドリュー・ガーフィールドが演じる若き宣教師ロドリゴが、無人となった村に一人佇み、独白するシーンで幕を開ける。緊迫感ある音楽が流れ、雲仙の山中で絶望しうなだれる一人の神父フェレイラ(リーアム・ニーソン)が映し出される。ポルトガルの教会では、「フェレイラが棄教した」ことを告げられる若き宣教師が2人。「あり得ない 日本での布教に生涯を捧げておられた」と愕然とするガルペ(アダム・ドライバー)と、「すぐに彼を見つけ出さないと」と、日本に向かうことを決意するロドリゴだ。2人は師と仰ぐフェレイラの真実を確かめるために日本へと向かう。
「かの地 日本では苦難が待ち受けている」という言葉に送り出された宣教師たちは、キチジロー(窪塚洋介)に導かれ長崎に到着。神を信じる人々に“藁で作った十字架”を授け、隠れてミサを行う。だが、2人が匿われたトモギ村には、井上筑後守(イッセー尾形)による執拗な追究が迫る。連れ去られる村のイチゾウ(笈田ヨシ)を見つめながら、無力な自分に涙するロドリゴだが、事態は突如急転する。
「君たちを待っているのは苦痛だ」と告げる井上筑後守による激しい弾圧は、隠れキリシタンである村人たちと、危険な使命に身を委ねたロドリゴを更に激しく追いつめていく。音楽の緊迫度が増し、やせ細ったガルペ、囚われたフェレイラ、神に祈りを捧げる村人たち、十字架で海に晒されるモキチ(塚本晋也)、懺悔するキチジロー、したたかに微笑む通辞(浅野忠信)らの姿が次々と映し出され、やがて運命の瞬間が間近に迫っていることを予感させる、衝撃的でスリリングな映像となっている。

映画『沈黙-サイレンス-』は、2017年1月21日(土)全国ロードショー。

Photo Credit Kerry Brown



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top