山崎賢人、再び犬塚信乃に 舞台「里見八犬伝」全国12ヵ所で上演

犬塚信乃役:山崎賢人(2014年上演時)

2014年に山崎賢人が初舞台・初主演を飾ったスペクタクル時代劇『里見八犬伝』が2017年4月・5月に上演されることが決定した。



2014年版で冴えた殺陣、演技の懐の深さ、心を抉る台詞、いずれも喝采を浴び、初舞台とは思えない抜群の存在感を放った山崎賢人が、2年4ヶ月ぶりに再び主演の犬塚信乃に挑む。

脚本・演出をさらにブラッシュアップし、東京のみならず、全国12ヶ所を巡る大型プロジェクトとして開催。
4月15日(土)16日(日)に原作(『南総里見八犬伝』)の故郷である千葉県館山市の南総文化ホールで開幕し、4月18日(火)〜24日(月)に文京シビックホールにて、東京公演を開催。その後、大阪・高松・高知・長崎・福岡・金沢・広島・愛知・青森・仙台、計全国12ヶ所での上演を予定している。

同舞台は、知勇に優れ、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌 8つの玉に導かれた8人の勇猛果敢な犬士(剣士)たちが出会い、立ちはだかる怨霊集団に果敢に挑み、戦いの末に悪を打ち滅ぼしていくという、滝沢馬琴原作の壮大な歴史ドラマを、時代物の舞台作品に抜群の腕を振るう鈴木哲也氏が既存の物語設定をもとに書き下ろし、故・深作欣二監督の代表作でもある当作品を、息子の深作健太氏が舞台版として演出。
対決、変幻、忠義と裏切り、恋と友情など、様々な要素が散りばめられた人間ドラマをベースに、活劇的娯楽性も盛り込まれ、ドラマティックで胸を打つ、魅惑のアクションエンターテインメントに仕上がっている。

近年の目覚ましい活躍で俳優としての厚みも一層増した山崎が、今回はどんな犬塚信乃を見せてくれるのか、益々期待が高まる。


※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記
※写真は2014年上演時のもの

「里見八犬伝」公演概要

【脚本】鈴木哲也
【演出】深作健太
【主演】山﨑賢人
【公演スケジュール】
◆館山公演 4月15日(土)・16日(日) 南総文化ホール
◆東京公演 4月18日(火)〜24日(月) 文京シビックホール
◆大阪公演 4月29日(土)・30日(日) 梅田芸術劇場メインホール
◆高松公演 5月3日(水・祝) レグザムホール
◆高知公演 5月5日(金・祝) 高知県立県民文化ホール
◆長崎公演 5月7日(日) 長崎ブリックホール
◆福岡公演 5月10日(水) 福岡サンパレス
◆金沢公演 5月13日(土) 本多の森ホール
◆広島公演 5月16日(火) 広島文化学園HBGホール
◆愛知公演 5月20日(土)・21日(日) 刈谷市総合文化センター
◆青森公演 5月24日(水) リンクステーションホール青森
◆仙台公演 5月27日(土) 東京エレクトロンホール宮城
【公式HP】www.satomi2017.jp
【一般発売(館山公演・東京公演)】2017年1月28日(金)
【企画・製作】日本テレビ



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top