乃木坂46がネズミになってキュートにダンスも…ネコに追われて逃げる姿が可愛い新CM完成

本編画像_01

乃木坂46の生田絵梨花、生駒里奈、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬が出演するマウスコンピューターの新CM、乃木坂46「マウスダンス」国内生産篇および24時間サポート篇が12月1日より全国でオンエアされる。



CMはマウスをイメージした衣装に身を包んだ乃木坂46の5人が、オリジナルのCMソング「マウスダンス」 に合わせて可愛らしいダンスを披露するという内容。
ファッションモデルとしても活躍する西野と白石は、マウスの衣装について「ネズミっぽい衣装って聞いてたんですけれど、実際黒色でクールな感じだったので、いいなって思いました」(西野)、「今流行のベロア生地だったり、レースで組み合わせてるところが今の女の子の好きなファッションですし、そこに可愛いネズミの耳もついているので、完璧だと思います」(白石)と好評価。

マウスになっての撮影前、役づくりについて聞かれた生田は「そうですね、ちょっと今日は一日素早く行動してます」と答え、「やっぱりもたもたした気持ちだと務まらないなと思ったのでテキパキ動いていますよ。ネズミだし。今のところそうですね、みんなはすばしっこ過ぎて気付いてないと思うんですけれど、自分の中ではそうかなと思っています」とノリノリ。西野は「がんばりマウス」と意気込み、生駒は「行ってきマウス」とマウスになりきって(?)撮影に入った。

5人の息の合ったダンスが見どころの新CMだが、注目のポイントは、ダンスが終わりクールに決めた後に自分たちを見下ろす猫の存在に気がついて、一目散に壁の中へ逃げ込むシーン。モニターで確認した5人からも「逃げ回る姿がかわいい」との声があがり、生田は「30分は見ていられる」と話すほどメンバーもお気に入りのシーンとなった。

撮影を終えて齋藤飛鳥は「あっという間でした。こういうの凄い好きで、楽しかったです1日」と充実した表情。マウスの気持ちで演じられたか尋ねると、「さっき本物のネコがスタジオに来たんですけど、みんなで見てて、わたしもじっと目の前で体育座りしてずっと見てたんですけれど、なんかその時ネズミの気持ちだったかもしれないです、ちょっと(笑)」と振り返り、最後は「すごく楽しい撮影でした。おつかれさまでチュウ」と照れ笑いで締めくくった。

なお、新CMの特設サイトでは12月1日よりCM動画及びメイキング動画を公開予定。

■特設サイト:
http://www.mouse-jp.co.jp/campaign/nogizaka46/

■CM本編カット

■メイキング



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top