nicolaモデル・久間田琳加&ワイドな女子高生・北村優衣ら、レプロ若手タレントが浅草九劇で定期公演

「ローファーズハイ!!」メンバー

長谷川京子、新垣結衣、清水富美加らが所属する芸能事務所・レプロエンタテインメントが来春、浅草に新劇場「浅草九劇」をオープン。ファッション誌「nicola」専属モデルの久間田琳加、ワイドな女子高生としてバラエティ番組でも活躍中の北村優衣ら同社所属の若手タレントたちが定期公演を行うことが発表された。



「浅草九劇」では、劇団による公演のほか、エンタテインメントを育むため「UZMK(ウズマキ)プロデュース」と銘打ったプロデュース公演も上演。その第一弾として発表されたのが、久間田、北村らが出演する定期公演「ローファーズハイ!!」だ。


本公演の特徴の1つは、台本がなく、ほぼインプロによってつくられる“即興”芝居であること。2つめの特徴はメンバーの入替えがあること。1つの公演に出演できるのは9人となっており、毎回異なるメンバーの組み合わせで毎回違った印象の公演を楽しむことが出来る。今後もメンバーの追加・入替えを行い、若手女優の登竜門となるような公演を目指す。

公演に向けて現在、同社所属の若手女優16人が選出され、日々、稽古に励んでいる真っ最中。このうち久間田、北村を含む9人が28日に都内ホテルで行われた会見に出席し、パフォーマンスを披露した。
同公演が初めての舞台出演となる久間田は「即興パフォーマンスということで毎回違う演技になって、新しい発見だったりとか、すごく新鮮な気持ちで取り組んでいます。みんな現役の高校生なので、リアルな高校生というものを観ていただけると思います」とアピールした。

同公演の演出は劇団子供鉅人の益山貴司、振付は広崎うらん、メインビジュアルは秋赤音が担当。豪華クリエイター陣と若手女優たちのフレッシュな感性がぶつかり合い、どんな化学反応を見せてくれるのか、2017年4月に予定されている初回公演が楽しみだ。

なお、同劇場のこけら落としイヤーとなる2017年には女優の川島海荷、内田理央、羽田美智子が出演するこけら落とし公演が予定されている。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top