映画「君の名は。」公開102日間で興行収入200億円突破

映画「君の名は。」

今年8月に公開された新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』が興行収入200億円を突破したことがわかった。


8月26日(金)に公開されるやいなや、全国でチケット完売が相次ぐなど、連日様々なメディアで取り上げられ、公開から9週連続で週末映画ランキング1位を獲得。92の国と地域で配給が決定し、海外の映画賞も受賞するなど留まるところを知らない同作は、8月26日(金)から12月5日(月)までの102日間でついに観客動員1539万人、興行収入200億円を記録した。

この知らせを受け、新海誠監督は「観ていただいた方すべてにお礼申し上げます。映画には、時に社会とつながる力があるのだということを教えられました。『どのような物語を、今、なぜ作るのか』ということを、これからも観客の皆さんと共に考えていきたいと思います。」とコメントを寄せている。

なお、年明けの2017年1月13日(金)からは2週間限定の『君の名は。』IMAX上映が決定している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top