佐藤健×土屋太鳳、奇跡の実話「8年越しの花嫁」実写映画化にW主演

「8年越しの花嫁」にW主演する佐藤健&土屋太鳳

俳優の佐藤健と女優の土屋太鳳が2017年冬公開の映画『8年越しの花嫁』でW主演することがわかった。


原作は、あるカップルに起きた感動の実話。2007年3月の挙式に向けて準備をしていた一組のカップルが、8年後の2014年12月に晴れて挙式。式場の運営会社が撮影したそのときの映像が、2015年2月に「8年越しの結婚式」としてYouTubeに投稿されると、「奇跡の結婚式」として瞬く間に口コミで話題が広がり、2015年7月には「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた。

結婚を約束した一組のカップル、尚志と麻衣。結婚式の3ヶ月前、突然の病気が麻衣を襲い、一時は心肺停止、その後も長い昏睡状態に。尚志はいつ目が覚めるかわからない麻衣のもとに通い、回復を祈り続ける。その後、麻衣は徐々に意識を取り戻すが、記憶障害により尚志の記憶を失っていた。大きなショックを受けながらも、来る日も来る日も麻衣のもとへ通い 続ける尚志。そして、8年の年月が経った頃、ついに2人に奇跡が訪れる――。

意識の戻らない婚約者を献身的に支え続け、苦悩しながらもひたむきに彼女を思い続ける尚志を佐藤健が、300 万人に1人とされる難病と闘う女性・麻衣を土屋太鳳が演じる。
『64 ロクヨン前・後編』(16年)など、深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督がメガホンを握り、来年のNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本も手がける岡田惠和氏が脚本を担当する。

佐藤は「僕達の作る映画は、尚志さん達が実際に送られた人生の感動には遠く及ばないかもしれません」とした上で、「しかしこの、あるカップルに舞い降りた奇跡の実話を、少しでも多くの方に伝えたいという想いで、この役を引き受けさせて頂きます」と真摯にコメント。
土屋は「未熟者ですが、全てを注ぎ全てを捨てて、演じます」と意気込み、相手役となる佐藤に対し、「魂を削り役を生きる背中は、常に私の目標です。全力で、ぶつかります」と信頼を寄せている。

映画『8年越しの花嫁』は、2017年1月上旬クランクイン、2月クランクアップ予定。2017年冬全国公開となる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top