乃木坂46・3期生が初パフォーマンス 3期生で「プリンシパル」開催発表

「ガールズルール」(C)乃木坂46LLC

今年9月に加入した乃木坂46の3期生が10日、東京・日本武道館で初のイベント「3期生お見立て会」に臨んだ。


乃木坂46が12月6日から開催している日本武道館5DAYSの最終日を飾った同イベント。3期生のみの出演にも関わらず、初めてステージに立つ12人の姿をひと目見ようと、チケット争奪戦を勝ち抜いた熱いファン1万2千人が日本武道館に集まった。

イベントではまず、1人ずつ自己紹介とともに個性豊かな特技を披露した。
新メンバーになれた喜びに、緊張はしながらもとびきりの笑顔でステージにあがる者もいれば、感極まって涙ながらに今後の意気込みを語るメンバーがいたりと、ドラマのようなシーンが数多く繰り広げられた。

マット運動、走り高跳び、ドリブルシュートに挑戦した“3期生スポーツテスト”をはさみ、ラストはミニライブ。
1曲目から、乃木坂46の楽曲の中でも最難易度のダンスとされる「命は美しい」を大園桃子がセンターに立って披露。初々しくも懸命に練習した成果をうかがせる立派なパフォーマンスに会場が湧き、大歓声と、うねるサイリウムの波に会場中が包まれた。
続けて与田祐希がセンターで「裸足でSummer」、山下美月がセンターで「ガールズルール」を披露し、客前での初めてのパフォーマンスを終えた。

ミニライブの盛り上がりが冷めやらぬなか、突然、スクリーンに映像が投影され、「プリンシパル復活!」の文字が。先輩たちが3度にわたり挑戦してきた舞台「16人のプリンシパル」シリーズを、3期生のみの「3人のプリンシパル」として、2017年2月に東京・渋谷のAiiA Tokyo 2.5 Theaterで上演することがサプライズ発表された。
会場からはどよめきが聞こえ、3期生たちも驚い隠せない様子だったが、山下は「3期生になるずっと前から、プリンシパルでの先輩達の活躍をみていたのでビックリしていますが、頑張ります」と力強く意気込みを述べた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top