坂口健太郎の“一途男子”実演に会場沸く

『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶

映画『君と100回目の恋』の完成披露試写会が12日、都内で行われ、W主演を務めたmiwa坂口健太郎、共演の竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希、そして月川翔監督が舞台挨拶に立った。


映画は、miwa演じる大学生の葵海を事故から救うため、坂口健太郎演じる幼なじみの陸が何度もタイムリープする物語。
陸は、大切な彼女の運命を変えるためにタイムリープを繰り返す“一途な男子”ということで、イベントでは、女性キャストのmiwaと真野に「一途男子にやってほしいこと」との質問が投げかけられた。
miwaは「一途に相手のことを見守ってくれてるから、些細なことにも気づいてくれるんじゃないかと思う。ちょっと寒いなと思った時にコートをかけてくれるとか。さりげない優しさが一途男子にしてほしいこと」と話し、「最近ちょっと浮気される役をやっていたので、一途男子にはすごく憧れとか妄想が膨らむ」という真野は、「基本は(自分が)してあげたいタイプなんですけど、仕事で疲れて帰った時に不器用な一途男子が御飯を作って『おかえり』って言ってくれたらすごくいい」と願望を明かす。
事前に映画の公式Twitterでも同じテーマで募集をかけ、監督が選んだ3名がこの日のステージに登壇。3つの中からmiwaが抽選を引き、選ばれた願望を坂口が叶えることに。選ばれたのは大阪から来たという女性の「『寒いね』と言ってマフラーを巻いて頭をポンポンされたい」という内容。投稿者を相手に坂口がステージ上で実演すると、会場は悲鳴のような歓声に包まれた。


miwaは映画初主演にして本作の主題歌と、miwa、坂口、竜星、泉澤が劇中で組むバンド・The STROBOSCORPが歌う本作の挿入歌「アイオクリ」の歌詞も担当。「撮影の前に曲を書いていたので、私としては葵海の気持ちを汲み取って、陸と暮らすなかでどんな風に曲を作ってるんだろうというのを考えながら、葵海が書く曲として書いていきました。その中で私は葵海の役づくりをしていったので、曲づくりが役づくりにもなっていた」と回顧。
同バンドでギターを担当する陸を演じた坂口は、初めてギターの演奏に挑戦。最初は「何のコードもわからない、本当にゼロの状態」だったそうで、「しかも映画ではすごく上手い男の子という設定だったので、miwaにいろいろ聞いて、立ち姿も研究した」と苦労をにじませた。

自身は葵海に想いを寄せる一方で、真野演じる相良里奈からは想いを寄せられる松田直哉を演じた竜星涼は「オイシイ役ありがとうございます。いつも片想いするとたいてい実らない役なので、想ってくれる人がいるとありがたいなと感じました」とおどけてみせる。その真野は「みんな役そのままなんですよ。それが本当に居心地が良くて、お芝居でもちょっとアドリブがあったりするんですけど、竜星くんがふざけすぎてNGになったりとか、竜星くんが変顔しすぎてNGになったりとか……」とさりげなく竜星にダメ出ししつつも、「でも一番場を和ませてくれましたし、みんなの架け橋になってくれました。和気あいあいとしてて、いい空気のなか撮影できました」と現場を振り返った。

また、メガホンをとった月川監督は「ご覧の通り、眩しいくらいキラキラしてる5人なので、胸キュンシーンは絶対期待に応えられると思う。可愛いし、かっこいいし。“可愛い”っていうのは、女子はもちろんなんですけど、男子もかなり可愛く撮れたと思う」と自信をのぞかせ、会場を沸かせていた。

映画『君と100回目の恋』は2017年2月4日公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top