映画「東京喰種」窪田正孝演じる主人公ビジュアル解禁&衣装はCHRISTIAN DADAが担当

映画『東京喰種 トーキョーグール』イメージビジュアル

主演・窪田正孝×ヒロイン・清水富美加で実写化される映画『東京喰種 トーキョーグール』のタイトルロゴおよびイメージビジュアルが解禁された。


週刊ヤングジャンプにて連載中の石田スイによる人気漫画を映画化する本作。人の姿をしながらも人を喰らう怪人“喰種(グール)”と人間が共存する街・東京を舞台に、臓器移植によって半喰種となってしまった青年・金木研の数奇な運命を描く。

今回、解禁されたのは窪田正孝が演じる主人公・金木研のイメージビジュアル。東京の街を背景に、喰種の象徴であるマスクをまとい、強大な敵に立ち向かおうとするカネキの決意の表情が描かれている。

さらに、劇中に登場する喰種のマスクおよび衣装を、レディ・ガガやKISSなどのステージ衣装を手がけ、パリコレでも活躍するデザイナー・森川マサノリ氏のブランド「CHRISTIAN DADA」が担当することも明らかとなった。
森川氏の創り出す「前衛的でありながら伝統をも受け継ぐという独特のデザインが、唯一無二の「現在」を象徴するファッションであり、「東京喰種」の世界観と必ず共鳴するものと強く確信」し、製作サイドがラブコール。「東京喰種のファンだった」森川氏が快諾し、実現した。メガホンをとる萩原健太郎監督も「とにかく格好良いです。」と太鼓判を押している。

また、12月17日(土)・18日(日)の2日間、幕張メッセで開催される「ジャンプフェスタ2017」にて、窪田が撮影中に着用した金木研のマスクを展示。18日には「ジャンプスーパーステージ」の「東京喰種 トーキョーグール」ステージにて約2分のスペシャル映像が上映される。

■CHRISTIAN DADA 森川マサノリ氏コメント

僕自身、原作からのファンだったこともあり、こういった機会をいただけたことにとても感謝しています。
また劇中で使用したマスクや衣装は、監督と一緒に原作のイメージから膨らませて映画オリジナルに仕上げました。
東京喰種ファンの方々に気に入ってもらえるとうれしいです。

■萩原健太郎監督コメント

とにかく格好良いです。
デザイナーの森川さんと微妙な立体感など細部をこだわり抜きました。
それを装着した窪田さんはさらに格好良いです。
ぜひ劇場で観ていただけたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top