大原櫻子、親友・広瀬すずと初コラボ 「チア☆ダン」主題歌&挿入歌担当

広瀬すず&大原櫻子

女優の広瀬すずが主演する映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の主題歌および挿入歌を女優で歌手の大原櫻子が担当することがわかった。


本作は、全米チアダンス選手権大会優勝という快挙を成し遂げた福井商業高校チアリーダー部の実話をもとにした感動の青春サクセスストーリー。広瀬すずをはじめ、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥らフレッシュなメンバーが福井中央高校チアリーダー部「JETS」の部員を演じ、生徒たちから恐れられる顧問の鬼教師役を、天海祐希が演じる。

「第93回全国高校サッカー選手権大会」の仕事で出会って以来、広瀬と親交がある大原は「親友の主演映画の主題歌を担当させていただけることが、何よりも嬉しくて!決まったと聞いたときは『本当に!?』という驚きでいっぱいでした」と初のタッグに大喜び。
もともと週に何度も連絡を取り合う仲だが、レコーディング前に本作のヒロイン・ひかりの心情を反映するため、直接広瀬に電話し、イメージを共有。このときの広瀬の言葉からインスピレーションを得て楽曲は完成を迎えた。
「すずと話して、私自身、忘れかけていた感情を思い出しましたし、仕事ということを抜きにして、すごく刺激的な話が聞けました。想いは歌に全部込めたのでぜひ聴いていただきたいです。」と自信をのぞかせている。

主題歌となった「ひらり」は、桜や卒業をイメージさせるバラード曲。楽曲を聴いた本作の企画プロデュース・平野隆氏は、「大きな夢を叶えるために3年間を走り切った福井商業のJETSメンバーたち、そして広瀬さんたちキャストの気持ちをまさに表現している曲」と語る。
また、大原は主題歌に加え、挿入歌「青い季節」も歌い、さらにもともとダンスが得意だったことから、全米3位の南青山女子高校チアダンス部の主将役として出演。劇中でチアダンスを披露している。

主演の広瀬は「劇中で大原さんが歌う曲が流れた瞬間に、感動と驚きが混じったような不思議な気持ちになりました。挿入歌も『チア☆ダン』っていう映画の世界観にとてもマッチしていて、個性が強いキャラクターが多い中でもひとつの色として、歌が違和感なく入ってきたので、『何だこれは!』と興奮しました。そして最後に主題歌が流れて、感動のあまり思わずため息が漏れました。そこで一番、泣いたかもしれないです。」とコメントを寄せている。

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』は2017年3月11日(土)公開。
なお、主題歌「ひらり」および「青い季節」のリリースは現時点では未定となっている。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top