GENERATIONS片寄涼太×土屋太鳳の兄妹2ショットも 「兄こま」場面写真解禁

橘せとか役の土屋太鳳と兄・はるか役の片寄涼太

来夏公開の映画『兄に愛されすぎて困ってます』から、本作が映画初出演となるGENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル・片寄涼太の場面写真およびメイキング写真が公開された。


本作は小学館「Sho-Comi」にて連載中の同名少女漫画を、『黒崎くんの言いなりになんてならない』の製作チームが映画化。恋に恋するモテない女子高生・橘せとかと、ヤンキー系でクールだけど実は誰より妹想いなイケメン兄・橘はるかは、実は血がつながっていない兄妹。そのせとかの前にオトナな年上イケメンたちが続々と現れ、突如、人生初のモテ期が訪れるというストーリー。

突然訪れた“人生初のモテ期”状態に困惑しながらも、自分の本当に好きな人を見つけ出そうとするまっすぐな女子高生・橘せとかを演じるのは女優の土屋太鳳
そして、せとかを想う兄・はるか役に抜擢された片寄涼太が、大事な妹が血がつながっていないと知り、揺れる自分の気持ちに戸惑いながらも必死でせとかを守り続けようとする、クールだけど実は優しい“ヤンキー系ツンデレお兄”を体当たりで演じる。

今回、映画初出演となる片寄は、初めての現場に「僕はまだ一生懸命やることしかできない」とコメントするが、「今回の原作に関してはすごくしゅっとした感じが印象的だったので、身体を絞ってビジュアルをまず意識した」と原作のイメージに自らを近づけて挑んだ。その努力も実り、河合監督も「まさに原作から抜けでてきたような好青年」と大絶賛、主演の土屋からも「ちゃんとお兄としての呼吸をしているように感じる」と言わしめた。
今回公開されたのは、そんな片寄の現場での真剣な表情をおさめたメイキング写真、そしてヤンキー系で周囲から恐れられつつも、そのカリスマ性で周囲を魅了してやまないはるかの魅力が溢れた、まるで原作から飛び出てきたようなビジュアルの場面写真、さらに土屋との仲良し兄妹感満載の2ショット写真も解禁された。

本作には片寄以外にも、せとかに急接近する第2のイケメン・芹川高嶺役に千葉雄大、さらに超特急の草川拓弥、杉野遥亮など、続々と兄系イケメンたちが登場する。
映画『兄に愛されすぎて困ってます』は2017年7月公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top