山崎賢人&斎藤工、ダンスに苦戦明かし紺野あさ美アナからレクチャーされる

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』初日舞台挨拶

俳優の山崎賢人と斎藤工が17日、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の初日舞台挨拶に登壇。初共演で挑戦したダンスシーンを振り返った。


本作はお馴染みのキャラクターたちがアニメ世界と実写世界を行き来し、タイトル通り、“ダブルの世界”で冒険を繰り広げるハイブリッド作品。
実写パートで、妖魔界を統べる最強の妖怪・エンマ大王(山崎)と妖魔界のNo.2・ぬらりひょん(斎藤)という最強コンビを演じた2人。
山崎は「斎藤さんすごい良い声で、そばで渋くいてくれる感じが落ち着きましたね」と初共演を振り返り、斎藤は「さっき久々に再会したんですけど、舞台挨拶の説明を受けている時に水を取るタイミングがまったく一緒だった。エンマ大王とぬらりひょんのシンパシーが映画で築けたのかなと思いました」と最強コンビの名に恥じないチームワークを強調した。

ダンスシーンを振り返る山崎賢人(右)と斎藤工(左)

ダンスシーンを振り返る山崎賢人(右)と斎藤工(左)

2人は本作でコミカルかつかっこいいダンスにも挑戦。
斎藤は「僕がいかに踊れないかというサイトが一時期ありました」とダンスに対する苦手意識を告白し、山崎も「友達の前で踊ったりすると『お前妖怪みたいだな』って言われるくらい」と不得手のよう。山崎は「『ワンエンツーエン』みたいなのあるじゃないですか、それがちょっとよくわからなくて……『いちにのさーん』みたいな感じでわかりやすく教えてもらいました」とカウントの取り方に苦戦したそうで、斎藤も「表なのか裏なのか、よくわからないよね」と同調。
この日の舞台挨拶では、かつてモーニング娘。に所属していた経歴を持つテレビ東京の紺野あさ美アナウンサーが司会を担当しており、「確かにカウントってそうですよね。エンが裏です」と優しくレクチャーされていた。

舞台挨拶にはほかに、実写パートに出演した南出凌嘉、浜辺美波、武井咲、遠藤憲一、ジバニャン役の声優・小桜エツコ、製作総指揮、原案、脚本を担当したレベルファイブの日野晃博氏が登壇。

印象的なシーンを聞かれた武井が、遠藤憲一が演じた“じんめん犬”のビジュアルについて、「衝撃でしたね。パンチがありました」と話せば、斎藤も「じんめん犬を見た時は鼻から春雨が出るかと思った。遠藤さんのエネルギーが圧巻でした」と斬新な実写映像に驚愕した様子。
その遠藤は山崎と斎藤のダンスシーンを挙げ、「真顔で踊ってる2人がおかしかった」と応酬していた。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top