[Photo Report]ピコ太郎・RADIO FISH・AI・MACO・井上苑子ら登場の「YouTube FanFest」に5000人熱狂

「YouTube FanFest」でYouTuberたちとコラボしたピコ太郎

20日、YouTubeが主催するライブイベント「YouTube FanFest」が東京国際フォーラムで開催され、ピコ太郎、RADIO FISH、AI、井上苑子、MACOら総勢19組の人気アーティストが出演した。


イベントはHIKAKINのスペシャルムービーとヒューマンビートボックスで幕開け。
トップバッターで登場したMACOは「love letter」と「手紙」の2曲を歌唱。YouTubeにアップロードしていた様々なアーティストのカヴァー動画がきっかけでメジャーデビューを果たしたMACOは「とっても夢があることだと思う。来年もYouTubeにたくさん動画をあげて、皆さんに歌声を届けていきたい」と語った。
ピコ太郎は再生回数1億回を超え世界的ヒットとなった「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」を様々なバージョンで披露した後、最後はHIKAKIN、はじめしゃちょーら人気YouTubeクリエイターたちとのコラボパフォーマンスで会場を埋め尽くした5000人の観客を沸かせた。
井上苑子は「ナツコイ」「エール」の2曲を歌唱。今年の動画再生回数が2000万回を超えた井上は、「小学校6年生の時に路上ライブを始めて、その頃はお客さんが10人くらいだった。それが今では2000万回再生されるようになって、夢のようで今でも信じられない」と感慨深げだった。


また、イベント内では今年最も注目された動画を紹介する「YouTube Rewind 2016」の国内ランキングも発表された。国内トレンド動画ランキングトップ10に4作品がランクインしたはじめしゃちょーは、「大勢の人に支えられないとできない動画だったので、本当に皆さんに感謝しています。ありがとうございます!」と涙ながらに語った。


イベント終盤には全出演者がステージ上に集結。イベントを振り返るエンディングトークで終演かと思いきや、「ちょっと待った〜!」の声とともに客席の扉から藤森慎吾らRADIO FISHのメンバーが登場。「まだまだ皆さん、盛り上がれますか〜!」と客席を煽りながら、ステージへ。
5人で「PARFECT HUMAN」のパフォーマンスをはじめ、「I’m a perfect human.」の部分でステージ後方から中田敦彦が姿を現すと、会場は大歓声に包まれた。
パフォーマンス後、中田は「こんなに豪華なYouTubeスーパースターの皆さんたちと一緒にパフォーマンスできて本当に嬉しかった」と充実感。藤森も本番前にHIKAKINからヒューマンビートボックスを教えてもらったことを明かし、「その成果も出て、皆さん盛り上がっていただけたんじゃないでしょうか。どうもセンキューでーす!」と最後まで会場を沸かせた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top