紅白で初の試み続々 ハーフタイムショー&楽屋トーク配信

NHKは22日、大みそかに放送する第67回NHK紅白歌合戦の新情報を発表した。


今年初の試みとして前半終了時に「紅白 HALFTIME SHOW」を開催する。
登場するのは世界的歌姫・ビヨンセに扮する渡辺直美と、全米ビルボード・ソング・チャートでトップ100に入り、YouTube年間トレンド世界2位に輝いたピコ太郎。
“世界的アーティスト”2組が「スーパーボウル」の「HALF TIME SHOW」さながらのワールドワイドなステージを繰り広げる。

また、こちらも新たな試みとして、インターネットで「紅白楽屋トーク」をライブ配信。
生放送真っ只中のNHKホールの楽屋に発信スタジオを設置し、パフォーマンス直後の出場歌手やゲストたちが、ここでしか話さない紅白のぶっちゃけ裏話を披露する。MCは「紅白 HALFTIME SHOW」にも出演する渡辺直美が担当。
配信は紅白歌合戦の番組ホームページおよび番組のスマートフォン向けアプリのほか、YouTubeやLINE LIVEでも視聴可能。

そのほか、作曲家・鷲巣詩郎が第67回NHK紅白歌合戦のオープニングテーマ曲「Fly into the Sun」を書きろしたことや、映画『シン・ゴジラ』とのコラボ企画が発表された。

第67回NHK紅白歌合戦は「夢を歌おう」をテーマに12月31日(土)19時15分から23時45分までNHK総合・NHKラジオ第1にて放送。(途中5分間の中断ニュースあり)
紅組の司会を女優の有村架純、白組の司会を嵐の相葉雅紀が務める。
これまでの対戦成績は、昨年の紅組勝利で、紅30勝、白36勝となっている。

渡辺直美コメント

初めての紅白、大変嬉しいです!
そして心臓バクバクでかなり緊張していますが、世界のピコ太郎さんについて行きたいと思います!

ピコ太郎コメント

これドッキリですよね。カメラ回ってますよね。もしこれがドッキリでないとしたらとんでもなくうれしいことだピコ。
出る限りには一生懸命歌って踊って皆さんを楽しませたいと思いますピコ。
テニスのダブルスで言うところの前衛ではなく後衛(光栄)です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top