チャラン・ポ・ランタンの新曲にMr.Childrenがアレンジ・演奏参加「愛しい作品になった」

チャラン・ポ・ランタン

唄とアコーディオンの姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンが2017年1月18日に発売する新アルバム「トリトメナシ」に収録される新曲「かなしみ」の音源が解禁となった。


同楽曲は「Mr.Children Hall Tour 2016 虹」にて結成された、Mr.Childrenの4人と、SUNNY(Keyboards & Back Vocal)、山本拓夫 (Saxophone)、ICCHIE(Trumpet)、小春<from チャラン・ポ・ランタン>(Accordion)の8人で結成されたバンド、ヒカリノアトリエがアレンジ、演奏している。Mr.Childrenが他アーティストの楽曲にアレンジ、演奏で参加するのは初めてのことだ。

アコーディオンの姉・小春は今年の初め、桜井和寿からのオファーを受けて、ヒカリノアトリエの一員となった。そのバンドの素晴らしい演奏を目の当たりにした妹のももは、「私もこのバンドで歌いたいです!」と、ヴォーカリストとして純粋に生まれた想いをメンバーに伝えたという。それを隣で聞いていた小春は、「もしもこのバンドでももが歌うなら・・・」とひっそりと曲を作り、後日Mr.Childrenのメンバーにアコーディオンと自分の声だけのデモ音源を聴いてもらったところ、その曲が非常に好評で、メンバーからアレンジに参加してもらう返答をもらい、ヒカリノアトリエが演奏を担当した今回の楽曲が生まれた。

Mr.Childrenの桜井和寿は「僕がボーカルではない曲をMr.Childrenで演奏し録音するのは初めてのことでしたが、曲の素晴らしさに引っ張られ、また可愛い歌声に寄り添いながら楽しくレコーディング出来ました。より多くの人にチャラン・ポ・ランタンの才能を感じてもらえたら嬉しいです」とコメント。また、「チャラン・ポ・ランタンは、そのパフォーマンスが魅力でありますが、この曲『かなしみ』は、パフォーマンスなしで、例えばリスナーが目を瞑って聴いても、心を揺さぶられるような曲にしたいと考え、普段よりも繊細に丁寧に演奏しました。とっても愛しい作品になったと思います。」と楽曲と丁寧に向き合ったことを明かしている。

中学生時代にアコーディオンの音が入っているという理由で生まれて初めて買ったシングルがMr.Childrenの「くるみ」だったというチャランポ小春は「様々な縁が何層にも重なってこの『かなしみ』という曲が出来ました。この曲の旋律・言葉すべてに私が今まで出逢った、通り過ぎた人々からもらった感情が織り込まれているんだと思います。これから、私の手を離れてひとり歩きするこの曲を聴くことになる、まだ見ぬ人の人生にこの曲の持つ感情が少しでも織り込まれると嬉しいです」と感慨ひとしおだ。

来月18日にリリースするアルバム「トリトメナシ」には、この「かなしみ」以外に、東京スカパラダイスオーケストラとコラボした楽曲も収録される。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top